杏、R・スコット新作「エクソダス」で吹き替え初挑戦 C・ベールの妻に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月17日 > 杏、R・スコット新作「エクソダス」で吹き替え初挑戦 C・ベールの妻に
メニュー

杏、R・スコット新作「エクソダス」で吹き替え初挑戦 C・ベールの妻に

2014年12月17日 05:00

吹き替えに初挑戦した杏「エクソダス:神と王」

吹き替えに初挑戦した杏
(C)2014 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優のが、リドリー・スコット監督のスペクタクル大作「エクソダス:神と王」で、日本語吹き替え版の声優に初挑戦することがわかった。NHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」でヒロインを熱演したが、クリスチャン・ベール演じる主人公モーゼを支える妻ツィポラ役に挑む。

清廉で風格を感じさせるのイメージが、モーゼの妻にぴったりであることから白羽の矢が立った。はかねてより声優に興味を抱いていたそうで、「初めての試みですがぜひチャレンジしてみたいと思い、オファーをお引き受けしました」と明かした。

は、モーゼを「他者のために無私の心を持つモーゼはとても強く聡明で素晴らしい男性だと思います。一人の男性として、頼もしさを感じました。ただ、(妻である)私を置いていってしまうのは困りますね(笑)」と分析。さらに「これまでのモーゼに対するイメージを覆す、新たなモーゼ像を描いているので、彼の物語にあまり馴染みのない人であっても、エンタテインメントとして楽しめる作品になっています。一言で言うと、“スペクタクル・アドベンチャー作品”」と説明している。そして、「音も映像も本当に素晴らしかったので、ぜひこの重量感を楽しんで欲しいです。私が演じた妻ツィポラとモーゼの夫婦の絆も見どころのひとつ」とアピールも忘れない。

エクソダス:神と王」は、スコット監督が過去最大規模の予算を投じ、旧約聖書の「出エジプト記」に記されたモーゼの奇跡の数々と、ひとりの人間としての苦悩を壮大なスケールで描き出す。2015年1月30日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi