加瀬亮、ホン・サンス監督の現場に最敬礼「これ以上の現場はあるのかな」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月13日 > 加瀬亮、ホン・サンス監督の現場に最敬礼「これ以上の現場はあるのかな」
メニュー

加瀬亮、ホン・サンス監督の現場に最敬礼「これ以上の現場はあるのかな」

2014年12月13日 17:55

舞台挨拶に登壇した加瀬亮とホン・サンス監督「自由が丘で」

舞台挨拶に登壇した加瀬亮とホン・サンス監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 韓国の鬼才ホン・サンス監督が加瀬亮を主演に迎えた最新作「自由が丘で」が12月13日、東京・シネマート新宿で公開され、主演の加瀬とホン監督が、同劇場で舞台挨拶に登壇した。

かねてホン監督ファンであることを公言している加瀬は、今作の撮影について「今ちょっと不安なのは、“これ以上の現場はあるのかな”って思うくらい楽しかった(こと)。ものすごく開放的な現場で、スタッフもものすごく少ないので、ひとりひとりが映画づくりに集中していて、熱気みたいなものがすごく心地よかったです」と感想を語り、憧れの監督に最敬礼だった。

この発言を受けてホン監督は、「加瀬さんと一緒に仕事をして、本当に満足して、これ以上望むことはないと感じました」と加瀬を絶賛。クランクアップ後もメールなどで連絡を取り合っていると明かし、「本当に真面目で、映画に対する態度が真摯な方だなと思いました」と加瀬の人柄を語った。

2年前、同館で行われた雑誌の対談が縁で今作が生まれたと明かしたホン監督は、「加瀬さんのお顔が赤くなったのが印象的でした。珍しい、いい方に出会ったと思った。加瀬さんは男性ですが、美しい方だなと思いました」とほほ笑み、会場の笑いを誘った。加瀬も「すごく緊張していたんですが、監督がニコニコされていて、それを見た瞬間緊張が飛んで、ただ一緒にいるのが嬉しいという感じになったのを覚えています」と相思相愛の様子を見せ、「こうやって映画を携えてここに立っているのをすごく不思議に思いますし、とても嬉しく思います」と喜びを語った。

また、あえて撮影日の朝に脚本を書くというホン監督の撮影手法について、加瀬は「普通は不安だから準備して、安定を求める。たぶん監督がやろうとしていた事は『頼りなさの中に自分を置く』という事だと思いました。そうすると今目の前のことがものすごく強烈に飛び込んでくる」と分析した。先が見えない中での撮影を、「(その時に)起こる偶然を受け入れながら、台本をきっちりやりながらという、不思議で面白い体験でした」と語った。

思いを寄せる年上の韓国女性クォンを追いかけ、ソウルにある迷路のような路地の街にやってきた日本人青年モリ(加瀬)。宿泊先のゲストハウスで知り合った男と飲み歩いたり、近所のカフェ「自由が丘」の女性オーナーと急接近したりする日々を日記のようにクォンへの手紙に綴りながら、ソウルの街をさまよい続ける。

次の朝は他人[DVD] 次の朝は他人[DVD] 最安価格: ¥2,402 俊英ホン・サンスの新境地!彼女との出会いは偶然なのか必然なのか?ミステリアスな美女に翻弄される男が、互いの魅力に惹き付けられながらも一緒にいることが出来ない感情の揺れを繊細なタッチで描く切なく美しいラブ・ストーリー。
カンウォンドの恋[DVD] カンウォンドの恋[DVD] 最安価格: - 江原道(カンウォンド)を舞台に、すれ違う男と女の物語を巨匠ホン・サンス監督が描いたラブ・ストーリー。ペク・ジョンハク、オ・ユノンほか出演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi