エルフ語を学ぶ「ホビット 決戦のゆくえ」特別講座を開催!字幕監修者も涙の最終章 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月11日 > エルフ語を学ぶ「ホビット 決戦のゆくえ」特別講座を開催!字幕監修者も涙の最終章
メニュー

エルフ語を学ぶ「ホビット 決戦のゆくえ」特別講座を開催!字幕監修者も涙の最終章

2014年12月11日 17:00

伊藤盡 信州大学准教授(左)と赤ペン瀧川先生「ロード・オブ・ザ・リング」

伊藤盡 信州大学准教授(左)と赤ペン瀧川先生
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大ヒットシリーズの最終章「ホビット 決戦のゆくえ」の特別講座付き試写会が12月10日、都内で行われ、信州大学准教授で本作の日本語字幕監修を務めた伊藤盡(つくす)氏、“なんでも添削家”の赤ペン瀧川先生が出席した。

J・R・R・トールキンの名作小説を映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚となる「ホビット」シリーズの最終章。邪龍スマウグからドワーフの故郷を奪還することに成功したビルボら一行が、旅の最後に直面する大決戦を壮大なスケールで描く。

元々は言語学者であったトールキン。シリーズ第1作「ロード・オブ・ザ・リング」から字幕監修を務めてきた伊藤氏は、「トールキンはエルフ族の話す“エルフ語”を作ったことをきっかけとして、それらを話すキャラクターが登場する物語を作り上げた。すべてのファンタジーの基は“エルフ語”」と解説した。

また、森のエルフはシンダリン(日常会話の言語)、高貴なエルフや魔法使いガンダルフなどはクウェンヤ(みやび言葉)を話すそうで、劇中では2種類のエルフ語が使用されている。伊藤氏は、エルフ語の簡単な挨拶のほか、「さよなら、ホビット!(Cuio vae, i pherian!)」など来場者にエルフ語を伝授し、「聞くだけで涙が出てくる」と感慨深けな表情を浮かべていた。

テレビ番組での“映画添削”が話題の瀧川先生も、「『ホビット』シリーズの中でも一番面白い! これを見た後は、TSUTAYAにいって『ロード・オブ・ザ・リング』を借りたくなった」と太鼓判。伊藤氏も、「旅をして一番成長した人物はやはり主人公。ビルボが素晴らしい」と称賛しながら、「この映画を見るのに必要なものはひとつ、ハンカチだけ。だけどこれが終わりではない。これはホビットの冒険の終わりであって、『ロード・オブ・ザ・リング』のはじまりにつながるもの」とシリーズに対する深い愛を語った。

ホビット 決戦のゆくえ」は12月13日より全国で公開。

【初回限定生産】ホビット 竜に奪われた王国 エクステンデッド・エ...[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】ホビット 竜に奪われた王国 エクステンデッド・エ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の監督が贈る、アクション・ファンタジー大作。
【初回限定生産】ホビット 思いがけない冒険 エクステンデッド・エディション DVD版[DVD] 【初回限定生産】ホビット 思いがけない冒険 エクステンデッド・エディション DVD版[DVD] 最安価格: - 伝説的シリーズ“ロード・オブ・ザ・リング”の感動再び!圧倒的な映像美で魅せるスリリングなアクションと壮大なファンタジー映画の傑作!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi