中国に興行コンテンツ輸出「ぴあ希肯」設立 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月10日 > 中国に興行コンテンツ輸出「ぴあ希肯」設立
メニュー

中国に興行コンテンツ輸出「ぴあ希肯」設立

2014年12月10日 07:45

[映画.com ニュース]ぴあはこのほど、中国・北京を中心に興行イベント企画制作事業を展開する「北京希肯国際演出有限公司」(北京希肯)に出資参画し、社名新たに合弁会社「北京ぴあ希肯国際文化発展有限公司(ぴあ希肯)」を11月15日に設立、日本内外の優良コンテンツの中国・東アジア地域への輸出・仲介事業を本格化すると発表した。

中国国内の興行許可取得会社への日系企業の出資参画は初めて。成長が期待される同国ライブ・エンタテインメント市場で、優良なコンテンツの輸入、事業拡大資金、チケット販売・プロモーションノウハウなどを求める「北京希肯」に対し、セブン&アイ・ネットメディア、経営共創基盤とともに日系3社で、資本金69.4556万人民元のうち36.5%を出資した。白井衛ぴあ取締役が副董事長に就いた。

北京希肯は、中国国内で興行イベント制作事業・モデルエージェント事業・芸術品交易(オークション)事業などを行う希肯グループの一社で、2000年に設立。中央国営企業「中国保利集団公司」の文化関連事業と密接で、主要都市に67館ある同国最大劇場ネットワーク「保利劇院」の各種エンタメ興行の仲介・プロデュースなどを担う。

ぴあは、かねて北京希肯との間で、日中間の興行コンテンツ輸出入の活性化に向けた協議を続けてきた。ほか日系2社が加わり、ぴあ希肯の発足が実現。参画4社の信用・事業経験・ノウハウ・人材等を活用し、中国国内外におけるライブ・エンタメ関連事業を展開、文化産業の発展に貢献、持続的な利益を実現する。

日本のライブ・エンタテインメント市場が約4000億円なのに対し、中国国内では最も一般的な音楽ジャンルであっても、公演数、市場規模ともにまだ日本の30%程度と推測。一方で、年収500万円以上に匹敵する年収5万元以上の人口は、現在でも中国が日本の約15倍、20年には約40倍に増加すると見られ、今後の経済発展と合わせて、市場規模の飛躍的な拡大が期待できるとする。

ぴあは、東アジア地域の事業拠点作りとともに、これまで単発企画が主体だった中国での興行形態を変革し、全国ツアー形式で開催可能な海外コンテンツを仲介する商社的な役割を担う目的。中国への輸出供給を狙う日本のプロダクション・コンテンツホルダーに対して、信頼性の高い新たなビジネス導線を提供する考えだ。(文化通信)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi