ジョセフ・ゴードン=レビット「ザ・ウォーク」予告編で地上411mの綱渡り! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月10日 > ジョセフ・ゴードン=レビット「ザ・ウォーク」予告編で地上411mの綱渡り!
メニュー

ジョセフ・ゴードン=レビット「ザ・ウォーク」予告編で地上411mの綱渡り!

2014年12月10日 18:00

大道芸人フィリップ・プティの挑戦を映画化「フォレスト・ガンプ 一期一会」

大道芸人フィリップ・プティの挑戦を映画化
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気俳優ジョセフ・ゴードン=レビットがフランス生まれの大道芸人フィリップ・プティを演じる映画「ザ・ウォーク(仮題)」のインターナショナル予告編が、このほど完成した。地上110階、高さ411メートル。世界でたったひとり、プティだけが挑み、「史上、最も美しい犯罪」ともいわれた綱渡りの緊張感を体験できる映像がお披露目された。

1974年、当時世界一の高さを誇った米ニューヨークのワールド・トレード・センターのツインタワーを1本のロープで結び、命綱なしの空中散歩に挑んだ男の実話を、「フォレスト・ガンプ 一期一会」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのロバート・ゼメキス監督が3Dで映画化。主演のゴードン=レビットに加え、オスカー俳優のベン・キングズレーの共演で、前人未踏の挑戦を描き出す。

予告編では、超高層ビルの壁を猛スピードでぐんぐんと上っていき、屋上に到達すると、そこにはプティの姿(ゴードン=レビット)。眼下にニューヨークの街並みが広がり、風が強く吹きつけるなか、プティが42メートル先にそびえるタワーを見つめ、空中に一歩踏み出そうとする様子が映し出され、思わず息をこらし見入ってしまう内容になっている。

常に最先端のVFX技術を生かした映像を作り上げてきたゼメキス監督は、本作でも空中を散歩しているような浮遊感と、一歩間違えれば確実に命を落としてしまう圧倒的な“重力”を感じさせる映像を実現。「前人未踏のチャレンジをした男だけが味わう、外界から遮断された孤独。生と死のドラマ。高所恐怖症にはあまり気持ちのいいものではないかもしれないがね(笑)」と作品について語った。

さらに予告編から浮かび上がる、「プティは、どうやってツインタワーの間にロープをかけたのか?」という疑問。当時から一般人がビルの間をロープで渡ることはもちろん、その建物に侵入すること自体が違法だったが、プティの夢を実現するために犯罪者となる覚悟で協力した人たちがいた。本編では、トレーニングコーチのパパ・ルディ(キングズレー)や国際的なサポートグループの隠されたドラマも描き出す。

「ザ・ウォーク(仮題)」は、2016年公開。

【数量限定生産】インセプション ブルーレイ版 FR4ME〈フレー...[Blu-ray/ブルーレイ] 【数量限定生産】インセプション ブルーレイ版 FR4ME〈フレー...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,682 豪華俳優陣と壮大なスケールで贈るSFアクション。
50/50 フィフティ・フィフティ[DVD] 50/50 フィフティ・フィフティ[DVD] 最安価格: ¥991 27歳、生存率50%のガン宣告。友だち、仕事、家族、好きなひと…。人生あきらめるには早すぎる。ガンを克服した脚本家の実体験を完全映画化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi