知られざるポーランドの名匠の傑作「パプーシャの黒い瞳」公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月9日 > 知られざるポーランドの名匠の傑作「パプーシャの黒い瞳」公開決定
メニュー

知られざるポーランドの名匠の傑作「パプーシャの黒い瞳」公開決定

2014年12月9日 07:00

「パプーシャの黒い瞳」の一場面「パプーシャの黒い瞳」

「パプーシャの黒い瞳」の一場面
(C)ARGOMEDIA Sp. z o.o. TVP S.A. CANAL+ Studio
Filmowe KADR 2013
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アンジェイ・ワイダロマン・ポランスキークシシュトフ・キエシロフスキーら数々の巨匠を輩出したポーランド映画界の知られざる名匠、クシシュトフ・クラウゼ監督の最新作「Papusza(原題)」が「パプーシャの黒い瞳」の邦題で、2015年4月4日に公開されることが決定した。

クラウゼ監督は、これまで日本では「ニキフォル 知られざる天才画家の肖像」が06年に劇場公開されたのみだが、1988年の初長編がポーランドで最も重要な映画祭であるグディニャ・ポーランド映画祭で新人監督賞を獲得以来、「借金」(99)、「救世主広場」(06)で2度グランプリに輝き、その他すべての作品が世界各国の映画祭で受賞している名匠だ。

クラウゼ監督の妻ヨアンナ・コスとの共同監督作である「パプーシャの黒い瞳」は、ポーランドを旅するジプシーの一族に生まれ、史上初のジプシー女性詩人となったブロニスワバ・バイスの生涯を描く。全編美しいモノクローム映像で映し出され、ジプシーたちがキャラバンで移動する姿を捉えたロングショットには理屈なしに目を奪われることだろう。パプーシャの一族が奏でるジプシー音楽、女流詩人の生涯を描くと同時に、第2次世界大戦前後にジプシーたちが直面した激動のポーランド現代史を重ねあわせるポーランド映画の傑作といえる。

なお、現在渋谷シアター・イメージフォーラムで開催中の「ポーランド映画祭2014」では、イエジー・スコリモフスキが絶賛するクラウゼ監督の「借金」が12月13、19日に上映される。「パプーシャの黒い瞳」は2015年4月4日から岩波ホールほか全国順次公開。

ニキフォル 知られざる天才画家の肖像[DVD] ニキフォル 知られざる天才画家の肖像[DVD] 最安価格: ¥5,076 “アール・ブリュット”の代表的画家として、欧米のアート界で注目されている天才画家ニキフォルの生涯を描いた感動の実話ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi