元祖「ゴジラ」完全新作として製作決定!2016年に12年ぶり復活 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月8日 > 元祖「ゴジラ」完全新作として製作決定!2016年に12年ぶり復活
メニュー

元祖「ゴジラ」完全新作として製作決定!2016年に12年ぶり復活

2014年12月8日 06:00

「ゴジラ FINAL WARS」以来12年ぶりに 日本版「ゴジラ」が新作として復活!

「ゴジラ FINAL WARS」以来12年ぶりに
日本版「ゴジラ」が新作として復活!
(C)TOHO CO.,LTD.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 配給大手の東宝はこのほど、「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来となる“ゴジラ”の新作映画を完全復活させ、16年に劇場公開することを発表した。また、映画に限定せずゴジラに関する広範囲にわたる戦略を討議・意思決定する機関として「ゴジラ戦略会議(GODZILLA CONFERENCE)」、通称ゴジコンを発足させたことを明らかにした。

本多猪四郎監督が手がけた1作目「ゴジラ」(54)が封切られてから60年。今年は米レジェンダリーがハリウッド版として「GODZILLA」を63の国と地域で公開し、全世界興行収入570億円以上、日本でも興収32億円を突破する大ヒットを記録した。ゴジラの長年にわたる功績を受け、ギネスワールドレコーズ社は「GODZILLA」の全米公開日となる5月16日、「Longest continuously running movie franchise(最も長く継続しているフランチャイズ映画)」というカテゴリーを新設し、ギネス世界記録に認定した。

東宝は、世界に誇るキャラクターであるゴジラをさらに大きく育て、世界中の人々から愛されるキャラクターにすることを使命とし、ゴジコンを立ち上げた。ゼネラルマネージャーを同社副社長の千田諭氏、プロジェクトマネージャーを同社取締役の市川南氏らが務め、プロジェクトリーダーとして同社映像本部映画調整部次長の上田太地氏がメンバーを統括する。

注目の「ゴジラ」新作について、上田氏は「今年のハリウッド版『GODZILLA』の成功を見届け、『やはり愛されている』と再認識し、新作製作を決意しました」と経緯を説明。15年夏以降に製作に入るといい、「脚本は開発中で、スタッフについてもまだお答えすることができない。ただ、16年の目玉作品として完全復活させます」と言葉に力を込める。日本版ならではといえる“着ぐるみ”の伝統については未定としたが、「一度ハリウッドの手にわたった『寄生獣』の権利が日本に戻り、あそこまでクオリティの高いものを作れるんだということを実証してくれた。優れたクリエイターがたくさんいらっしゃいますから、今までのノウハウを結集させながら、ハリウッドに負けない作品を作れる時期に差し掛かった」と自信のほどをうかがわせた。

また、15年4月に新宿歌舞伎町の新宿コマ劇場・新宿東宝会館の跡地にオープンする新宿東宝ビルに、ゴジラの実物大頭部「ゴジラヘッド」を建設することも決定。同ビルに4月25日に開業する「ホテルグレイスリー新宿」8階のテラスに設置される。92年公開作「ゴジラVSモスラ」に登場するゴジラをモデルとし、東宝映像美術がガラス繊維で補強したセメント「GRC」を使い、テラス床面から高さ12メートル(地上から約52メートル)、重量約80トンの「ゴジラヘッド」を制作。完成後は新宿・靖国通りから姿を確認することができるようになり、同ホテルには2部屋限定で「ゴジラルーム」も用意されるという。

GODZILLA ゴジラ[DVD] GODZILLA ゴジラ[DVD] 最安価格: ¥3,365 1954年の誕生から60年。日本が世界に誇るキング・オブ・モンスター「ゴジラ」がハリウッドの超一流スタッフによって現代によみがえる。アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙ほか出演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • シン・ゴジラの評論 シン・ゴジラ 日本ゴジラは庵野秀明成分・高純度でハリウッド版を攻め打つ!!
  • ターザン:REBORNの評論 ターザン:REBORN ヒーロー映画の源流となった名キャラクターが、21世紀に適応進化
  • めぐりあう日の評論 めぐりあう日 詩人A・ブルトンの言葉が引かれる時、波の感触が観客の胸をもやわらかに揺らすだろう
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社ツイン

映画をヒットさせる仕掛け人募集!

職種宣伝プロデューサー

株式会社AWAKE

好きを仕事に出来るチャンスです!一緒に感動を作りましょう!

職種映画WEB宣伝パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi