菅野美穂、“ふわぷに”ベイマックスにメロメロ!「本当にかわいいなあ」とハグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月8日 > 菅野美穂、“ふわぷに”ベイマックスにメロメロ!「本当にかわいいなあ」とハグ
メニュー

菅野美穂、“ふわぷに”ベイマックスにメロメロ!「本当にかわいいなあ」とハグ

2014年12月8日 19:30

ベイマックスに抱きつく菅野美穂「ベイマックス」

ベイマックスに抱きつく菅野美穂
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウォルト・ディズニー・アニメーション最新作「ベイマックス」のジャパンプレミアが12月8日、都内で行われ、日本語吹き替え版声優を務めた菅野美穂小泉孝太郎が舞台挨拶に立った。壇上にはサンタ帽をかぶったベイマックスも登場し、菅野はベイマックスをハグしながら「本当にかわいいなあ」とうっとり。「ぽよんぽよん」と顔を埋め、その“ふわぷに”のフォルムにメロメロだった。

また、人の健康や心の状態を“スキャン”できるベイマックスは、菅野と小泉の体調を診断。菅野には「肩がこっているようですね。リラックスが必要です。旅行に出てはいかがでしょうか」、小泉には「お疲れのようですね。時には親しい人と会って、弱音をはいてもいいんですよ」とアドバイス。スキャンの範囲は日本全国の人々にも及び、「少しだけ元気が足りないようです。楽しいクリスマスを過ごすと、もっと元気になるでしょう」と優しく呼びかけ、会場からの喝さいを浴びていた。

もうすぐクリスマスということもあり、2人には「クリスマスの過ごし方」についての質問も。菅野は「今年はベイマックスに参加したので、キャラクターグッズをおいっ子とかめいっ子にプレゼントしたい」とニッコリ。一方の小泉は、「学生時代は楽しいことがありましたが、この世界に入ってからは事務所の社長とご飯に行ったり、見事に管理されている」と苦笑したものの、「(本作の)公開が20日ですから、恋人がいたら一緒に見に行って、俺だよと言いたいですよね」と答えていた。

本作で2人は声優に初挑戦。「声に芯を持たせてくださいと言われて、まだまだ勉強しなければいけないなと思いました」と漏らした菅野だったが、「スタッフの皆さんが素敵な方々で、監督がプーさんに似ていたり、オラフに似ている方がいたりして。すごくベイマックスに対する愛があふれていた。でも仕事として妥協がなく、すごく刺激を受けた」と感慨深げに振り返った。

ベイマックス」は、唯一の肉親である兄を亡くした少年・ヒロと、兄が残したケア・ロボット“ベイマックス”の交流を描く。小泉はヒロの兄・タダシ、菅野はヒロとタダシを母親代わりに育てたキャスを演じている。12月20日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi