フィリップ・K・ディックの短編小説「爬行動物」が映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月8日 > フィリップ・K・ディックの短編小説「爬行動物」が映画化
メニュー

フィリップ・K・ディックの短編小説「爬行動物」が映画化

2014年12月8日 15:20

フィリップ・K・ディック氏「スピーシーズ 種の起源」

フィリップ・K・ディック氏
写真:Writer Pictures/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説「爬行動物(The Crawlers)」の映画化が企画されていることがわかった。

米The Wrapによれば、エドワード・R・プレスマンが製作し、「コールド・ブラッド」「I Declare War(原題)」のジェイソン・ラペールが監督を務める。

1954年に発表された「爬行動物」(邦訳は短編集「人間狩り」所収)は、放射能研究所の近くの町で相次いで生まれた爬虫類のような奇形の赤ん坊を、人々がある島に集めて隠そうとするという設定。映画は、1960年代のテキサス州の田舎町を舞台にした一種のモンスター映画になるという。

オーストラリア人アーティストのパトリシア・ピッチニーニがクリーチャーデザインを手がけ、「スピーシーズ 種の起源」のスティーヴ・ジョンソンが特殊効果を担当する。

なお、ディック原作の映像化に関しては、現在米アマゾン・スタジオが「高い城の男(The Man In the High Castle)」のドラマシリーズ化を企画している。

スピーシーズ~種の起源~[DVD] スピーシーズ~種の起源~[DVD] 最安価格: ¥3,485 地球外生物のDNAと人類のDNAの結合により生まれてきた少女が次々と若い男性を捕食していく恐怖を描いたSFホラー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi