「このミス」作家VS人気映画監督 短編小説のドラマ化で熱烈タッグ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月7日 > 「このミス」作家VS人気映画監督 短編小説のドラマ化で熱烈タッグ!
メニュー

「このミス」作家VS人気映画監督 短編小説のドラマ化で熱烈タッグ!

2014年12月7日 19:05

「このミステリーがすごい!」オムニバスドラマが年末に放送!「チーム・バチスタの栄光」

「このミステリーがすごい!」オムニバスドラマが年末に放送!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] TBSの年末の大型特番の目玉として、ドラマ「このミステリーがすごい! ベストセラー作家からの挑戦状」が、12月29日に放送されることが決定した。

番組では、宝島社が2002年に創設した新人賞「このミステリーがすごい!」の大賞受賞作家4人が書き下ろした短編小説を、日本映画界の第一線で活躍する4人の映画監督が「オムニバスドラマ」として映像化。一流の作り手たちがタッグを組み、コメディやサスペンス、ヒューマンドラマなど4作品を紡いだ。

チーム・バチスタの栄光」の海堂尊氏が、「NANA」の大谷健太郎監督とともにコメディ作「カシオペアのエンドロール」を描く。「さよならドビュッシー」の中山七里氏と「デスノート」の金子修介監督がサスペンス作「残されたセンリツ」、「完全なる首長竜の日」の乾緑郎氏と「笑の大学」の星護監督がヒューマンドラマ「黒いパンテル」、「生存者ゼロ」の安生正氏と「クローバー」の古澤健監督がディザスター・パニック「ダイヤモンドダスト」をそれぞれ手がけている。

さらにキャスト陣も藤原紀香川島海荷吉田栄作川口春奈イッセー尾形勝村政信山本裕典城田優、AKIRA、山本耕史と個性豊かな面々が結集。「カシオペアのエンドロール」には藤原、川島、吉田が出演するほか、「残されたセンリツ」では川口とイッセー、「黒いパンテル」では勝村、山本裕典、城田、「ダイヤモンドダスト」ではAKIRAと山本耕史が共演。そのほか、いしのようこ田中要次佐藤二朗小池里奈らが脇を固める。

また、各物語の間をつなぐ案内人として、「活字マニア」として知られるお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹と女優・樹木希林が登場。2人は「気弱なミステリー小説家」と「ベテラン女性編集者」に扮し、ドラマの合間に丁々発止の寸劇を繰り広げる。

「このミステリーがすごい! ベストセラー作家からの挑戦状」は、12月29日午後9時からTBS系で放送。

チーム・バチスタの栄光[DVD] チーム・バチスタの栄光[DVD] 最安価格: ¥1,523 第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した海堂尊の原作小説を映画化。
ジーン・ワルツ[Blu-ray/ブルーレイ] ジーン・ワルツ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,037 「チーム・バチスタの栄光」「ジェネラル・ルージュの凱旋」に続く海堂尊原作シリーズ映画化第三弾!“命の誕生”の奇跡を描いた感動の医療ミステリー!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi