米CM市場はハリウッドスターが独占傾向 かつてはイメージダウン恐れ回避も : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月7日 > 米CM市場はハリウッドスターが独占傾向 かつてはイメージダウン恐れ回避も
メニュー

米CM市場はハリウッドスターが独占傾向 かつてはイメージダウン恐れ回避も

2014年12月7日 17:45

マシュー・マコノヒーが出演した2013年のCM撮影の様子

マシュー・マコノヒーが出演した2013年のCM撮影の様子
写真:Startraks/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スポーツ選手が独占していたアメリカのCM市場を、現在はハリウッド俳優が席巻しつつあるとAD Week誌が報じている。

ハリウッドのトップ俳優はかつて、イメージダウンを恐れてアメリカでのCM出演を回避していたが、最近では状況が変わりつつある。ケビン・スペイシーマシュー・マコノヒージェームズ・フランコミラ・クニスサミュエル・L・ジャクソンらが米企業のCMに出演しており、モーガン・フリーマンマット・デイモンも声だけの出演を果たしている。

それとは対照的に、かつてはCM市場で人気のあったスポーツ選手の出演が激減している。スポーツ選手にはスキャンダルが多いことに加えて、有名俳優の方がソーシャルメディアでの影響力が強いからだという。

シカゴの広告代理店バーンズ・エンタテインメントによれば、CMに起用する有名人の10年前の内訳は75%がスポーツ選手、25%がエンターテイナーだったが、現在は完全に逆転している。こうした流れを受け、今後CMデビューを飾るハリウッド俳優がますます増えそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi