パトリス・ルコント監督、すみれの天真爛漫発言に大人のユーモアで対応 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月5日 > パトリス・ルコント監督、すみれの天真爛漫発言に大人のユーモアで対応
メニュー

パトリス・ルコント監督、すみれの天真爛漫発言に大人のユーモアで対応

2014年12月5日 13:45

パトリス・ルコント監督とすみれ「暮れ逢い」

パトリス・ルコント監督とすみれ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]パトリス・ルコント監督の最新作「暮れ逢い」試写会イベントが12月4日都内であり、来日したルコント監督と、女優で歌手のすみれが花束贈呈ゲストとして登壇。すみれは、「髪結いの亭主」「仕立て屋の恋」など、恋愛映画の巨匠として知られるルコント監督を「暗い方かと思っていたけれど、コメディアンのミスター・ビーンみたい!」と評し、会場を驚かせた。

ルコント監督は「ミスター・ビーンは尊敬していますが、ミスター・ビーンのような監督がこの作品を作ったと思われると皆さんの感動が薄れてしまうのでは……」と一瞬危惧を見せたが、「シリアスな作品を撮る私はプライベートではユーモアや軽やかさを忘れないようにしています。だからミスター・ビーンみたいに見えるのかもしれませんね」「今度コメディー映画を作るときは、暗いキャラクターで登場します」とユーモアを交えて対応し、観客を笑わせた。また、すみれが「フランス語を聞きながら、英語で考えて日本語で話すのは大変で……」と緊張ぎみに話すと「僕の日本語も大したことないから」とジョークでフォローしていた。

レベッカ・ホールアラン・リックマンらが出演する今作は、実業家の若妻と野心的な青年秘書との不倫の恋を美しくも官能的に描いたラブストーリー。上演後のティーチインで、ふたりの恋の行方を問われたルコント監督は、「原作は悲しい終わり方をしますが、ぼくはラスト5分をそのように終わらせる勇気がなかった。原作への裏切りではなく、自由にやらせてもらいました」と監督ならではの解釈のラストシーンになったと明かした。

暮れ逢い」は12月20日、シネスイッチ銀座ほか全国で公開。

髪結いの亭主[DVD] 髪結いの亭主[DVD] 最安価格: - 幼い頃から“髪結いの亭主”になることを夢見てきた男が手に入れた理想の結婚生活を描いたラブ・ロマンス。
仕立て屋の恋 -デジタルリマスター版-[Blu-ray/ブルーレイ] 仕立て屋の恋 -デジタルリマスター版-[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,264 「髪結の亭主」と並ぶパトリス・ルコント監督の初期代表作。向かいに住む女に惹かれ、殺人事件に巻き込まれる中年の仕立屋イールの物語。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi