森下悠里、キャバクラ経験を生かして映画「W」をプロデュース : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月4日 > 森下悠里、キャバクラ経験を生かして映画「W」をプロデュース
メニュー

森下悠里、キャバクラ経験を生かして映画「W」をプロデュース

2014年12月4日 16:20

森下悠里が映画をプロデュース「ユダ」

森下悠里が映画をプロデュース
[拡大画像]

 [映画.com ニュース] グラビアアイドルで女優の森下悠里がプロデュースを務める映画「W ふたつの顔を持つ女たち」の製作発表が12月4日、同じく森下がプロデュースに携わる東京・六本木のガールズバー「Wラウンジ」で行われ、森下をはじめ、原作者の新堂冬樹嶋田豪プロデューサーが出席した。

キャバクラ嬢たちの戦いを描いた「ユダ」「ハニー・フラッパーズ」に続く第3弾。和製「チャーリーズ・エンジェル」をテーマに、ガールズバー「Wラウンジ」で働きながら、セクシー探偵として女の敵と戦う女性たちの“ふたつの顔”を描く。

森下は、本作の舞台となる「Wラウンジ」のキャスト面接を担当。「短大生の時に親に内緒でキャバクラのバイトをしていた」という経験を生かし、「お店を盛り上げてくれる女の子が必要。花でいうとつぼみ、ダイヤの原石を見つけるように面接した。自分らしさをどんどん出してもらい、伸び伸びやってほしい」と語った。

裏社会を描いたノワール小説から純愛小説まで幅広く手がける新堂は、「私も黒新堂・白新堂と、二面性のある作家としてやっている。女性も本音と建前という二面性を持っていて、本作の女の子たちは女性ならではの武器で女性共通の敵に立ち向かっていく」と意図を説明した。

また、森下や新堂らによる映画のキャストオーディションも進行中で、新堂は「色の付いていない、いい感じに染まってくれる透明な子がいい。変にスレてなくて真っ直ぐで、目標や目的に向かって頑張っている子」を希望。店長モナ役で出演する森下も、「フレッシュな女の子。一緒に作品を作っていくので、成功させたいという思いの強い子がいい」と呼びかけた。

「W ふたつの顔を持つ女たち」は2015年に公開予定。ガールズバー「Wラウンジ」は12月5日よりグランドオープン。

ユダ -Judas- スタンダード・エディション[DVD] ユダ -Judas- スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥4,104 立花胡桃の原作をもとに、欲望渦巻く夜の世界を駆け抜けた伝説のキャバクラ嬢の野望と心の揺れをスタイリッシュな映像で鮮烈に描く衝撃作!
ハニー・フラッパーズ -スタンダード・エディション-[DVD] ハニー・フラッパーズ -スタンダード・エディション-[DVD] 最安価格: ¥3,175 キャバクラ映画第2弾!「ユダ」に続く、六本木を舞台にしたウォーター・サクセス・ストーリー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi