鈴木京香、初体験のネットカフェにご満悦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月3日 > 鈴木京香、初体験のネットカフェにご満悦
メニュー

鈴木京香、初体験のネットカフェにご満悦

2014年12月3日 13:41

桐野夏生氏の小説が原作、長崎を舞台にしたドラマ

桐野夏生氏の小説が原作、長崎を舞台にしたドラマ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]鈴木京香を主演に迎え、直木賞作家・桐野夏生氏の小説を実写化したNHK BSプレミアムドラマ「だから荒野」の会見が12月3日、同局のスタジオで行われ、鈴木をはじめ共演の高橋一生濱田龍臣らが出席した。

本作の撮影で初めてインターネットカフェに訪れたという鈴木は、「いろんな設備が充実している。飲み物も、自分が好きなものをフリーで頂けるのは驚きました」とニッコリ。「撮影でお借りしたネットカフェでは若い人が泊まっていたり、サラリーマンの人が出入りしていて便利だと思った」と感想を語り、「私も撮影と撮影の合間に空き時間ができたら今度行ってみようと思います」とご満悦の様子だった。

心に“荒野”を抱えた人々が、交流により再生していく姿を描く。家出した主婦を演じた鈴木は「女性として、すがる“よすが”がないときにウロウロする気持ちをどう作っていくかという、寂しい状況を考えるのが難しかった」と振り返り、同年代の女性という役どころを通して「自分の今置かれている場所を考えるきっかけになったと思います」と明かした。

さらに、鈴木はロケ地となった長崎についても言及。原爆にまつわる歴史については「知っておくべきこと、悲しい歴史を学びました」と話す。また、風景や食べ物を気に入ったといい、「美味しいちゃんぽんをたくさん食べましたし、本当に長崎が好きになりました。長崎に感謝です」と語った。

主婦・朋美(鈴木)は、自身の46歳の誕生日に家族を外食に誘う。しかし次男の優太(濱田)にはドタキャンされ、夫・浩光(杉本哲太)からは祝いの言葉もないばかりか「誰もお前のことなんか見てないよ」と吐き捨てられる。あらゆることに見放されたように感じた朋美は、ついには家出を敢行し、かつて原爆により荒野と化した長崎に流れ着く。

BSプレミアムドラマ「だから荒野」は、2015年1月11日から毎週日曜午後10時から放送開始。

セカンドバージン スペシャル・エディション[DVD] セカンドバージン スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,555 仕事一筋に生きてきた40代の女性と、妻のいる17歳年下の男性の切なくて危険な大人の恋愛を描いた「セカンドバージン」の劇場版!
SCANDAL DVD-BOX[DVD] SCANDAL DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥14,364 どこにでもいそうな主婦たちが事件に巻き込まれる様や、年を重ねた女性たちの恋模様を描くラブサスペンス・ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi