松坂桃李、11億円の名器ストラディバリウスで生演奏! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月2日 > 松坂桃李、11億円の名器ストラディバリウスで生演奏!
メニュー

松坂桃李、11億円の名器ストラディバリウスで生演奏!

2014年12月2日 20:08

11億円の名器で演奏した松坂桃李「マエストロ!」

11億円の名器で演奏した松坂桃李
[拡大画像]

[映画.com ニュース]若手人気俳優・松坂桃李が、ベテラン西田敏行と初共演した「マエストロ!」の完成披露試写会が12月2日、東京・丸の内ピカデリーであり、松坂、西田とともに映画初出演を果たしたシンガーソングライターのmiwaと小林聖太郎監督が舞台挨拶に立った。

この日、壇上には11億円相当と言われる幻のバイオリン「ストラディバリウス」が登場し、松坂が実際に演奏することに。弓だけでも2000万円だと伝えられると「最近ムチャぶり多いな」と困り顔を見せたが、いざ演奏すると「バイオリンから来る振動が全身に伝わる感じ。弓も重みがあるので、乗せるだけでバイオリンに吸い込まれる感覚に陥りました」と驚いていた。

若きバイオリニスト・香坂を演じた松坂は、オファーを受けた際には「『耳をすませば』の天沢聖司くんみたいでかっこいいなと思っていた」そうだが、約1年にわたり練習するにつれ「だんだん口数が少なくなっていくという、地獄の日々を送っていました」と吐露。謎の指揮者・天道に扮した西田は「指揮者がどの演奏でも汗をかきながら陶酔しているあの世界。指揮者が何を見て、何を感じているんだろうというのを俳優として知りたかった」と満足げに目を細めた。

一方、銀幕デビューを飾ったmiwaは、初撮影が“食堂でたくわんを食べるシーン”だったそうで「ご飯も何杯も食べましたし、たくわんも何枚も頂きました。たくわんを当分食べなくてもいいなと思いました」と述懐。今年のNHK紅白歌合戦への出場も決定しており、意気込みを聞かれると「2014年最高の締めくくりにしたいと思いますので、紅白も見ていただけたらうれしい」とアピールに務めた。

第12回文化庁メディア芸術祭で優秀賞受賞した、さそうあきら氏のクラシックを題材にしたコミックを実写化。かつては名門オーケストラに所属していた“負け組楽団員”たちが、音楽を通じて自信を取り戻していく姿を描く。指揮演技監修を世界的指揮者の佐渡裕氏、エンディングテーマをピアニストの辻井伸行氏が担当している。

マエストロ!」は、2015年1月31日全国公開。

耳をすませば[Blu-ray/ブルーレイ] 耳をすませば[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,434 柊あおい原作のコミックをスタジオジブリの製作でアニメ化した、中学3年生の月島雫と天沢聖司の淡い恋を描いた名作青春アニメ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi