【国内映画ランキング】「寄生獣」が首位デビュー!「フューリー」が2位で大健闘 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月2日 > 【国内映画ランキング】「寄生獣」が首位デビュー!「フューリー」が2位で大健闘
メニュー

【国内映画ランキング】「寄生獣」が首位デビュー!「フューリー」が2位で大健闘

2014年12月2日 19:00

初登場1位の「寄生獣」「寄生獣」

初登場1位の「寄生獣」
(C)映画「寄生獣」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 11月29~30日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。年末に向け、映画が盛り上がってきた。今週、初登場で首位に立ったのは「寄生獣」。オープニング2日間の成績は、動員が25万6161人、興収3億4033万7300円。418スクリーンでの数字だ。ここ数週間、首位作品が興収1億円台という状況が続いていたが、そんな興行全般の低迷を払拭するようなクリーンヒット。ちなみに、9月の「ルパン三世」と興収を比較すると、76.6%という出足。最終的に20億円ぐらい稼ぎそうな勢いだ。

2位にはブラッド・ピットの「フューリー」がランクイン。全国332スクリーンで公開され、動員15万5667人、興収2億0096万0300円と、こちらも2日間で2億円超えの見事な出足。先週公開された「インターステラー」の103.9%(興収で比較)は大健闘と言っていい。

その「インターステラー」は今週3位。これまでの動員数は39万5105人、興収が5億4665万3500円となっている。

4位「神さまの言うとおり」は、累計動員が59万9887人、興収7億8186万4100円。5位「デビクロ」は同じく31万7819人、興収4億1364万3040人。6位「紙の月」は52万0066人、興収6億4155万9500円といったところ。

なお、圏外ながら「くるみ割り人形」が好スタートを切っている。全国89スクリーンで、2日間の動員が1万8192人、興収で2249万7000人という高い稼働率で12位につけている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi