「ホビット」の人気キャラがスマホRPG「ブレイブフロンティア」に登場! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月1日 > 「ホビット」の人気キャラがスマホRPG「ブレイブフロンティア」に登場!
メニュー

「ホビット」の人気キャラがスマホRPG「ブレイブフロンティア」に登場!

2014年12月1日 10:00

ビルボのゲームキャラ画像(左)と「決戦のゆくえ」本ポスター「ホビット 決戦のゆくえ」

ビルボのゲームキャラ画像(左)と「決戦のゆくえ」本ポスター
(C)2013-2014 Alim Co., Ltd. All Rights Reserved.
(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 巨匠ピーター・ジャクソン監督が手掛ける超大作アドベンチャーシリーズの完結編「ホビット 決戦のゆくえ」の公開を記念し、同シリーズの人気キャラクター、ビルボ、ガンダルフ、レゴラスが、スマートフォン向け本格ロールプレイングゲーム(RPG)「ブレイブフロンティア」に登場することが明らかになった。

総製作費約800億円といわれる超大作映画シリーズと、国内400万・全世界1700万ダウンロードを誇るヒットRPGのコラボレーションが実現。「ホビット」「ロード・オブ・ザ・リング」として映画化されたJ・R・R・トールキンの原作小説「ホビットの冒険」「指輪物語」は、あらゆるファンタジーに影響を与えたという金字塔的作品。その影響下にある剣と魔法に彩られたRPGの世界に、「元祖」的キャラクターたちが降り立つことになる。キャンペーン期間中はゲーム内にスペシャルダンジョンが用意され、ガンダルフとレゴラスはボス敵として登場。プレイヤーが撃破すれば、仲間にできる可能性があるという触れ込み。一方ビルボは、Twitterで行われる連動企画に参加すれば入手が可能だ。

「ブレイブフロンティア」は、王道のファンタジー世界を舞台に、キャラクターの育成とバトルが楽しめる基本プレイ無料のスマートフォン向けRPG(iOS版、Android版、Kindle Tablet Editionが配信中)。12月末から2015年2月末まで開催が予定されている「ホビット」とのコラボレーションの詳細については、特設サイト(http://hobbit-brfr.com/)で確認できる。

魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン)に誘われ、ドワーフ族の王国を取り戻すという思いがけない冒険へと旅立ったホビット族のビルボ(マーティン・フリーマン)の運命が、「決戦のゆくえ」で最終局面を迎える。邪竜スマウグのすさまじい襲撃、財宝の奪還によって生まれる仲間たちとの対立、そして押し寄せる強大な闇の軍勢を前に、ドワーフ族、エルフ族、人間たちは結束を固めることができるのか。「ロード・オブ・ザ・リング」第1作から13年を経て、「中つ国」を舞台にした壮大なストーリーがついに完結する。「ホビット 決戦のゆくえ」は、12月13日から全国公開。

【初回限定生産】ホビット 竜に奪われた王国 エクステンデッド・エ...[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】ホビット 竜に奪われた王国 エクステンデッド・エ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の監督が贈る、アクション・ファンタジー大作。
【初回限定生産】ホビット 思いがけない冒険 エクステンデッド・エ...[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】ホビット 思いがけない冒険 エクステンデッド・エ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 伝説的シリーズ“ロード・オブ・ザ・リング”の感動再び!圧倒的な映像美で魅せるスリリングなアクションと壮大なファンタジー映画の傑作!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi