ツァイ・ミンリャン、リー・カンションが超スローで歩く姿を映した「西遊」を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月1日 > ツァイ・ミンリャン、リー・カンションが超スローで歩く姿を映した「西遊」を語る
メニュー

ツァイ・ミンリャン、リー・カンションが超スローで歩く姿を映した「西遊」を語る

2014年12月1日 16:43

ツァイ・ミンリャン監督とリー・カンション「西遊」

ツァイ・ミンリャン監督とリー・カンション
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第15回東京フィルメックスで、台湾のツァイ・ミンリャン監督の「西遊」が11月30日、特別招待作品として上映され、ツァイ監督とリー・カンションが観客からの質問に答えた。

2012年以降、ツァイ監督は僧に扮したリーが超スローモーションで歩く姿をとらえた短編を連作しており、「西遊」はその作品群に連なる最新作となる。を舞台に、レオス・カラックス作品の常連ドニ・ラバンが共演。ベルリン映画祭パノラマ部門で上映された。

これまで本シリーズは香港やマレーシアなど、各国で撮影されてきたが、今回の舞台となった南仏マルセイユについて、ツァイ監督は「地中海に面したマルセイユの夏の終わりの日差しが美しかったのが印象深い。マルセイユの光と共にこの撮影をしました」と振り返り、共演したドニ・ラバンを「時を刻んだ彫刻のような表情をしている」と評した。

ツァイ監督はこの作品群を「時間を撮った映画」で、「シャオカン(リー・カンションの役名)のゆっくりした時間と、普通の人々の間に流れる時間を表現した」と説明。「今の社会はあまりにも歩くのが速く、それは思考を伴わない速さ。忙しいと言うが、皆ちゃんと時間を使っていないのだと思う」と持論を語る。そして、作品の中のリーの設定を「唐の時代の三蔵法師が旅をするイメージ」だと明かした。

せりふもなく、ただただゆっくり歩みを進めるだけという難役についてリーは「歩き出すと、通行人や交通の問題が出てくるので、気持ちを集中させないとやっていけない。精神状態を平静に保つため、お経を唱えました。空の状態で、歩くことに集中しました」と振り返った。

ツァイ監督は、このシリーズで東京での撮影を予定していると明かし、「ぜひシャオカンと一緒にゆっくり歩いてみてください」と観客に呼びかけた。

黒い眼のオペラ[DVD] 黒い眼のオペラ[DVD] 最安価格: - ツァイ・ミンリャン監督が、故郷であるマレーシアを舞台に描いた切なく哀しい愛の物語。
ふたつの時、ふたりの時間[DVD] ふたつの時、ふたりの時間[DVD] 最安価格: - 台北とパリ、遠く離れた二つの場所での、二度と巡り逢うことの無い男女の愛の物語。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi