キム・ギドク、最新作をフィルメックスで上映「国家が個人、国民に与える痛みを描いた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年11月30日 > キム・ギドク、最新作をフィルメックスで上映「国家が個人、国民に与える痛みを描いた」
メニュー

キム・ギドク、最新作をフィルメックスで上映「国家が個人、国民に与える痛みを描いた」

2014年11月30日 18:10

登壇したキム・ギドク監督

登壇したキム・ギドク監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 有楽町朝日ホールで開催中の第15回東京フィルメックスで、韓国の鬼才キム・ギドクの最新作「ONE ON ONE(原題)」が11月30日、特別招待作品として上映され、キム監督が作品について語った。

ある殺人事件に関与した一人の男が武装した謎の集団に誘拐されたのち拷問され、事実の告白を強要される。その後、謎の集団は事件に関わった容疑者たちを次々と誘拐し、拷問を続けていく。さまざまな社会批判を交えて、暴力の連鎖を描きだす。

今作の登場人物の設定について「民主主義を棄損する7人の容疑者を罰する7人のテロリスト」だと説明し、「これまでの作品では人間を取り巻く痛みを扱ってきましたが、今作では国家が個人に、国民に与える痛みを描きたかった」と作品に込めたテーマを語る。

そして「韓国の国民として暮らすと、政治家の行為や権力に失望することがあるが、それはなぜかと問いかけると、自分自身にも卑怯な部分があるからではないか」との考えを作品に反映させたそう。軍隊での暴力や人里離れた地での隠遁生活など、監督の実体験も取り入れ、「暴力を使う人も暴力という構造の中に組み込まれているというアイロニーを描いた」と話す。

監督自身が考える“痛み”については「人間が生きていく上で痛みは避けられないもの。私にとって人生の問いかけ」「痛みを悟ることが人生」だといい、「人間関係で傷ついたり、お金や名誉への欲におぼれたり、御多分に洩れず私もそのような一人。自らの内面を見つめて、自分にどのような弱さがあるのか振り返る時間を持つべき」と持論を語った。

コースト・ガード[DVD] コースト・ガード[DVD] 最安価格: ¥2,426 チャン・ドンゴン主演、キム・ギドク監督による戦争映画。
嘆きのピエタ[Blu-ray/ブルーレイ] 嘆きのピエタ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,184 天涯孤独に生きてきた借金取りの男。男の母親だと名乗る謎の女。初めて母の愛を知った男を待つ、衝撃の真実…そして世界が言葉を失った、ある愛のカタチ。この愛は、本物か、偽物か。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi