松坂桃李、瓦割りに挑戦!10枚を一発成功にびっくり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年11月29日 > 松坂桃李、瓦割りに挑戦!10枚を一発成功にびっくり
メニュー

松坂桃李、瓦割りに挑戦!10枚を一発成功にびっくり

2014年11月29日 15:25

ハローキティも舞台挨拶に登壇「くるみ割り人形」

ハローキティも舞台挨拶に登壇
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ハローキティ生誕40周年記念作品「くるみ割り人形」が11月29日、全国89スクリーンで封切られ、声優を務めた有村架純松坂桃李藤井隆板野友美増田セバスチャン監督が、東京・銀座の丸の内ピカデリーでの舞台挨拶に出席した。

この日は、くるみ“割り”にちなみ、登壇陣による4つの“割り”(「鏡割り」「スイカ割り」「瓦割り」「くすだま割り」)が実施され、松坂は「10枚瓦割り」に挑戦。初めてのことに「合気道しかやったことがない」とひるんだが、一発で成功し「ドラゴンボールに出てくるミスターサタンになった気分です」と自身もびっくり。これには登壇陣も驚きを隠せず、「横から見ているとすごい迫力でした」(増田)、「アニメみたいでした」(板野)、「お見事!」(藤井)と称賛していた。

さらに、有村はくるみを模した“くすだま”を割り、大ヒットを祈願。そして、「増田さんがつくり出した“カワイイ”という世界観をたくさんの方に見てほしい。クララのキティちゃんもかわいいので、好きになってくれたらいいな」とアピールに務めた。

くるみ割り人形」は、サンリオが1979年に製作したコマ撮りアニメーションを新作として“リ・クリエイト”したミュージカルファンタジー。きゃりーぱみゅぱみゅの美術演出も手がける増田監督がポップでアーティスティックな世界観を作り上げ、大切なくるみ割り人形をネズミの大群に奪われたクララが、迷い込んだ人形の国で成長していく姿を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi