高橋泉、“体”を使った対話に挑んだ「ダリー・マルサン」で新境地 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年11月27日 > 高橋泉、“体”を使った対話に挑んだ「ダリー・マルサン」で新境地
メニュー

高橋泉、“体”を使った対話に挑んだ「ダリー・マルサン」で新境地

2014年11月27日 14:10

「ダリー・マルサン」チームがずらり!「ダリー・マルサン」

「ダリー・マルサン」チームがずらり!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 高橋泉率いる映像ユニット「群青いろ」の最新作「ダリー・マルサン」が11月26日、東京・有楽町朝日ホールで開催中の第15回東京フィルメックスのコンペティション部門で上映され、高橋監督をはじめ、主演の廣末哲万と大下美歩、共演の松本高士並木愛枝が舞台挨拶に立った。

失そうしたペットを探す探偵のろう者ダリー(大下)と、ある事件をきっかけに心を閉ざした男・善川(廣末)の交流を描いた本作。近年は脚本家としての活動で注目を集めている高橋監督だが、コンスタントに本作のようなインディーズ映画を製作しており、「出口の見えない状況でみんなでやっている。こんな日を迎えられてうれしい」と感慨深けに挨拶した。

ろう者の主人公ダリー役を熱演した大下は、「じっくりコトコト骨の髄(ずい)からうまみがにじみ出たような映画。言葉の音を越えた“声”を聞いていってください」と胸を張った。廣末は、「フィルメックスはいつも新しい喜びと怖さを与えてくれる場所。見終わった後に、この映画が皆さんの日常の先に少しでもつながっていればうれしい」と語った。

上映後は、高橋監督によるティーチインも行われた。ろう者を主人公に据えた理由について聞かれると、「これまでにフィルメックスで3本上映してもらってきたけれど、基本的に人と人の対話しか描いてこなかった。3本目に来て、“体”を使って対話をしたいと思った。ただ生々しいだけじゃ見てくれる人も飽きてしまうと思うので、次に進もうと思った」と心境の変化を語り、「村上春樹の小説が好きだったので、その世界観だけ借りたつもり」と影響を明かした。

凶悪[DVD] 凶悪[DVD] 最安価格: ¥3,285 それは、ある死刑囚の告白から始まった―。≪山田孝之×ピエール瀧×リリー・フランキー≫史上最悪の凶悪事件とその真相を描いた問題作!!
ソラニン Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ソラニン Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 宮崎あおい、高良健吾ほか出演による青春ラブストーリー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi