「生きる」パク・ジョンボム監督「映画を始めたきっかけは北野監督」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年11月24日 > 「生きる」パク・ジョンボム監督「映画を始めたきっかけは北野監督」
メニュー

「生きる」パク・ジョンボム監督「映画を始めたきっかけは北野監督」

2014年11月24日 21:00

Q&Aを行ったパク・ジョンボム監督「ムサン日記 白い犬」

Q&Aを行ったパク・ジョンボム監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界中の映画祭で受賞歴を誇る「ムサン日記 白い犬」のパク・ジョンボム監督の最新作「生きる」が11月24日、東京・有楽町朝日ホールで開催中の第15回東京フィルメックスのコンペティション部門で上映され、主演も兼ねたパク監督が観客とのQ&Aを行った。

姉とその娘の3人で暮らすジョンチョル(パク)は、建築現場での仕事を失ったため、困窮した生活から抜け出そうと働き始めた味噌工場で、厳しいノルマをなんとか達成しようとする。しかし、そこにはあまりにも厳しい現実が待ち受けていた。

前作「ムサン日記 白い犬」に続き、本作でも主演を兼ねたパク監督は「私が映画を始めたきっかけは北野武監督です」と明かす。さらに、「北野監督の映画を見て尊敬して、自分も映画をやりたいと思った。北野監督は俳優も監督もされている。私にとって、演じることと演出をすることは別の事ではないんです」と自らのスタイルを語ったが、「今後商業映画を撮ることになったら、主演が私では喜んでいただけないので(笑)、出演はしなくなると思います」とおどけ、会場の笑いを誘った。

また、脚本と監督の経験の関係を「実は、私の弟のような存在だった友人が自殺してしまった。それがきっかけでこの『生きる』という作品をつくることになりました」と経緯を説明。「彼が抱えていたうつ病の症状は主人公のお姉さんに投影されています」といい、個人的な経験と深い関わりのある作品であることを語った。

約3時間という長尺の作品であることの必要性を問われると、「シナリオを描いた時点では4時間くらいの予定だった。私自身、映画館でこの映画を苦しそうに見ている方々を見て(長すぎるかと)悩んだのですが(笑)。生きるというのは退屈なことですよね。見たくないものも見なければならない。この長さと『生きる』ということが通じ合うのではないかと思い、3時間というギリギリの線で収めました」と茶目っ気たっぷりに語っていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi