広末涼子、観客からのサプライズに思わず涙「頑張ったかいあった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年11月22日 > 広末涼子、観客からのサプライズに思わず涙「頑張ったかいあった」
メニュー

広末涼子、観客からのサプライズに思わず涙「頑張ったかいあった」

2014年11月22日 16:50

サプライズ演出に広末涼子は思わず感涙「ありがとう」

サプライズ演出に広末涼子は思わず感涙
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岡田将生広末涼子が共演した映画「想いのこし」が11月22日、全国194スクリーンで公開された。岡田、広末らキャスト陣と平川雄一朗監督は、東京・丸の内TOEI1で舞台挨拶に立った。

この日は、岡田と広末、さらに木南晴夏松井愛莉、子役の巨勢竜也くん、鹿賀丈史、平川監督に、集まった500人の観客から「ありがとう」の言葉と共にクラッカーが打ち鳴らされるというサプライズが用意された。突然の出来事に登壇者たちは歓声を上げ、広末は「嬉しいです」と声を詰まらせ、「頑張ったかいがありましたね。ありがとうございます」と満面の笑みを浮かべた。

金と女に目がないダメ男を演じた岡田は、「くだらない男の役ですよ(笑)」と言葉少なに作品を振り返る。一方、広末の息子役を演じた竜也くんが、「自分を捨てて、役になりきること一点だけに集中して演じました」と子役とは思えない発言で観客を驚かせると、岡田は「やっぱすげえよ! 1番役者だよ!」と頭を抱え、会場の笑いを誘っていた。

広末は、役作りについて「特に意識せず、自然に入れました」と余裕の表情だったが、「ポールダンスだけが難しかったです」と本音を吐露。さらに、「この映画を悲しい映画だと思っている方がいらっしゃる。楽しい映画です。この映画で泣こうとしないでください(笑)」と茶目っ気たっぷりに語った。

また映画にちなみ、思いのこもったプレゼントの思い出を聞かれると、竜也くんは「広末さんからもらった釣りの本と湯たんぽ」と明かし、「湯たんぽは広末さんの息子さんが選んでくれた。今年も使います」と“母子”の絆を見せた。さらに松井が「監督から頂いたお手紙。誕生日おめでとうという言葉と素敵な言葉が書かれていました」と平川監督との思い出を披露すると、他のキャストは「もらっていない!」と気まずい雰囲気に。これには平川監督も「いや、すみません」とタジタジだった。

映画は、女と金にしか興味のないダメ男・ガジロウが、この世に未練を残して死んだ4人の男女の思いを届けるうちに、本当に大切なものに気付き成長していく姿を描いたヒューマンドラマ。

鉄道員(ぽっぽや)[DVD] 鉄道員(ぽっぽや)[DVD] 最安価格: ¥2,389 浅田次郎原作の名作小説を高倉健の主演で映画化した珠玉のドラマ。
GOEMON Ultimate BOX[DVD] GOEMON Ultimate BOX[DVD] 最安価格: ¥4,484 戦国時代を舞台に、新解釈を施した斬新なストーリーと壮大なスケールで、伝説の大泥棒・石川五右衛門を軸に歴史上の武将たちが繰り広げる奇想天外なドラマを描いたアクション・エンタテインメント。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi