寺島進14年ぶりVシネマで主題歌挑戦も手応えは「あるわけねえだろ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年11月22日 > 寺島進14年ぶりVシネマで主題歌挑戦も手応えは「あるわけねえだろ」
メニュー

寺島進14年ぶりVシネマで主題歌挑戦も手応えは「あるわけねえだろ」

2014年11月22日 16:20

会見に臨んだ(左から)夏菜、寺島進、榊英雄監督「流し屋 鉄平」

会見に臨んだ(左から)夏菜、寺島進、榊英雄監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優・寺島進が11月22日、主演する東映Vシネマ「流し屋 鉄平」の完成報告会見をヒロインの夏菜榊英雄監督らとともに都内で行った。

寺島は、東映Vシネマ25周年記念映画「25 NIJYU-GO」に出演しているが、純粋なVシネマ出演は「侠道3」以来14年ぶりで、流しという役どころのため「昔ちょっと、遊び程度で」弾いていたギターに挑戦。さらに、役名の御法川鉄平名義で主題歌「ROAD MOVIE」も歌っており、「恥ずかしい。カラオケとは訳が違うから、歌手の人はあらためてすごいと思った」と苦笑い。手応えを聞かれると、「あるわけねえだろ」と吐き捨てた。

一方の夏菜も、歌手を目指しているという設定で挿入歌「Woo Baby」を劇中で披露。「本当に歌いたくなくて、すごく緊張した。でも、一生懸命頑張っている女の子の役で、昔の自分に似ている部分もあって魅力的だったので…」と照れながら語った。

この日は「いい夫婦の日」でもあり、夫婦円満の秘けつを問われた寺島は「そんな日、いったい誰がつくったんだ。ウチはいつも、365日いい夫婦。最高なんだよ。愛があれば何でもOK」と堂々オノロケ。これには夏菜も、「忘れがちになりますけれど、そうなれば理想ですよね」と、あこがれのまな差しを向けていた。

流し屋 鉄平」は、ギター1本で全国を渡り歩く鉄平が、歌手の夢をあきらめかけていた朱美と出会い、その後押しをしようとする人情ドラマ。来年3月13日にリリースされる。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi