【国内映画ランキング】「神さまの言うとおり」がV、「紙の月」が2位デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年11月18日 > 【国内映画ランキング】「神さまの言うとおり」がV、「紙の月」が2位デビュー
メニュー

【国内映画ランキング】「神さまの言うとおり」がV、「紙の月」が2位デビュー

2014年11月18日 16:30

初登場1位となった「神さまの言うとおり」「神さまの言うとおり」

初登場1位となった「神さまの言うとおり」
(C)2014「神さまの言うとおり」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]11月15~16日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。今週は、ランキング上位2本を新作が占めた。まず、首位デビューに成功したのは「神さまの言うとおり」。オープニング2日間で動員13万3887人、興収1億8028万1700円。全国318スクリーンでの公開だ。当面の目標は興収10億円超え。

2位には宮沢りえ主演「紙の月」。同じく2日間で動員10万4018人、興収1億3362万5600円。全国260スクリーンでの公開。こちらも10億円に向けてまずまずの出足となった。

新作はもう1本。オリジナルアニメ「楽園追放 Expelled from Paradise」が9位にランクイン。オープニング2日間で動員1万7274人、興収2919万4600円。13スクリーンでこの数字は凄い。

続映作品は、4位「クローバー」が動員50万人を超え、興収で6億2000万円付近。4ランクダウンの「トワイライト ささらさや」が動員22万人、興収で3億円の手前。圏外11位に落ちた「STAND BY ME ドラえもん」が、動員621万1111人、興収82億5095万1700円と、今年の日本映画では「永遠の0」(興収86億円)に次ぐナンバーツーの位置を確実にしている。

また、いずれも圏外ながら、アートハウス系の話題作2本が健闘している。「天才スピヴェット」は26スクリーンで2日間、動員1万0164人、興収1545万1300円。「6才のボクが、大人になるまで。」は3日間で動員7694人、興収1042万0900円。11スクリーンでの成績だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi