スティーブン・キング、キューブリック版「シャイニング」をまたしても批判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年11月17日 > スティーブン・キング、キューブリック版「シャイニング」をまたしても批判
メニュー

スティーブン・キング、キューブリック版「シャイニング」をまたしても批判

2014年11月17日 09:10

スティーブン・キング「シャイニング」

スティーブン・キング
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・キングが、10月31日付けの米ローリング・ストーン誌のロングインタビューで、自身のキャリアを振り返っている。

そのなかで、キングが自作の映画化のなかでもとりわけ嫌っていることで知られるスタンリー・キューブリック監督、ジャック・ニコルソン主演の「シャイニング」(1980)について、「原作小説の脚色としてはひどくても、映画そのものはすばらしい作品だと考えることはできないか」と聞かれ、「ノー。そんなふうに考えたことは一度もない。そもそも映画をそのように考えたことはない。私にとっては、映画は小説よりも下に位置する、はかない媒体だ」と答えた。

さらに「シャイニング」について、「私の小説は熱いが、映画は冷たい。原作のジャック・トランスは、なんとかして“善”であろうとしながらも、少しずつ狂気に追いやられていく人物として描いた。だが、映画のジャック・ニコルソンは、登場してきた瞬間から狂っているようにしか見えない。そしてウェンディの描き方は、あまりに女性蔑視的すぎる」と批判した。

キングは、1年前の2013年9月にも、英BBCのインタビューで「シャイニング」について、「非常に冷たい映画。人々が私の小説に感じる要素のひとつに、暖かさがあると思っている。読者に対して物語を共有してほしいと訴えかける感じ。だが、キューブリックの『シャイニング』には、あたかも蟻塚のなかの蟻を観察するかのように登場人物を見ている冷たさを感じる」と話していた。

ちなみに、映画「シャイニング」を検証するドキュメンタリー「ROOM237」は、約半分まで見たところでやめてしまったという。

なお、逆に自作の映画化で一番優れていると思われる作品を聞かれると、「スタンド・バイ・ミー」と回答。さらに、「ショーシャンクの空に」、「グリーンマイル」、「ミザリー」、「黙秘」、「クジョー」をすばらしい映画として挙げている。

シャイニング 特別版 コンチネンタル・バージョン[DVD] シャイニング 特別版 コンチネンタル・バージョン[DVD] 最安価格: ¥927 スティーヴン・キング原作の名作小説を、スタンリー・キューブリック監督が大胆な解釈で映画化した衝撃のサスペンス・ホラー。
スティーブン・キング シャイニング[DVD] スティーブン・キング シャイニング[DVD] 最安価格: ¥3,218 タンリー・キューブリックが監督をした同作品に不満を持っていた原作者のスティーブン・キングが、製作総指揮をし、原作により忠実に再映像化した衝撃ホラー作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi