高良健吾、駆け抜けた10年は「全部、僕」 ドラマ「平成猿蟹合戦図」で新たな決意 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年11月14日 > 高良健吾、駆け抜けた10年は「全部、僕」 ドラマ「平成猿蟹合戦図」で新たな決意
メニュー

高良健吾、駆け抜けた10年は「全部、僕」 ドラマ「平成猿蟹合戦図」で新たな決意

2014年11月14日 06:00

行定監督とタッグを組んだ高良健吾「横道世之介」

行定監督とタッグを組んだ高良健吾
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「悪人」「さよなら渓谷」などで知られる人気作家・吉田修一氏の長編小説をWOWOWが連続ドラマ化した「平成猿蟹合戦図」。同氏原作の「横道世之介」(13)でも好演を見せた高良健吾が、今作ではお調子者の歌舞伎町バーテンダーに扮している。俳優デビューから早くも10年、全速力で走り続けてきたこれまでを今振り返る。

東京・歌舞伎町で起きたひき逃げ事件を発端に、鈴木京香演じる敏腕芸能マネージャー・夕子、高良演じるどこか憎めない歌舞伎町バーテンダー・純平、独り身のチェロ奏者、冴えないホストと子連れホステスらが、日本の将来を決める“戦”に巻き込まれていく。

「台本には爽やかな風が吹いていて、読んでいてすごく気持ちがよかった。昔話の『さるかに合戦』にもあるように、正義は勝つ。だけど悪も生き残る。純平の単純さが人を巻き込み、みんながどこかでつながっている。スポーツなどもそうだけど、一生懸命な人って見ているとすごく力をもらえるもの。そういう色々な人の一生懸命さが詰まってると思います」

BeeTVの「女たちは二度遊ぶ」で、吉田原作&行定監督の現場を経験している高良。初共演となる鈴木京香とは、あうんの呼吸でコミカルな掛け合いを見せる。「鈴木さんをはじめ、先輩方がすごく楽しそうに現場にいるんです。僕は考え込んじゃうタイプなので、そういうことを見せずに現場にいられることってすごくカッコイイ。自分も40歳になった時にそういう人でいたいし、周りで10~20代の子が楽しそうにいてくれたらうれしい」と語る。

高良といえば、「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」「白夜行」「軽蔑」など、暗い影のある青年役のイメージも強いが、最近では「横道世之介」など陽気な青年役も増えてきた。「今ふと思うのは、なんであんなに暗かったんだろうってこと(笑)。当時演じていた役柄の影響もあって、20代前半までは毎日がつらくて重かった。仕事はありがたいことにもらえていたけれど、『人を殺したり殺されたり。なんでこんなことばかり考えなきゃなんないんだ!』って思ってた。でもそれはきっと、演じる自分が役を一番わかりたいと思っていたからなんです」と振り返る。

今なら「全部、僕だと思う」と言い切れる。「熊本の高校生だった『M』(07)の時は、廣木隆一監督に事務所で会ってその後、オーディションに呼ばれたけれど、自分のことを話すのも苦手だった。『お前の18歳の“今”を撮りたい』って言われ、必死にさらけ出さなきゃと思っていた。だから、“その時の自分”がどの作品にもいるんです」。

そうして愚直なまでに一歩一歩踏みしめてきた10年があるからこそ、過去の自分ともきちんと向き合える。「最初の頃は何も知らないからこそ強かった。でも、自分はやりたい芝居ができているのか、自分は役として“そこ”にちゃんといられているのだろうかって、今でも自問自答を繰り返しています。今も『まだまだ!』って思うことがたくさんありすぎて満足できないし、他人がよく見えちゃうこともある。『もっと飛べたのに!』と思った時に監督にオッケーをもらったとしても悔しいんです。だから気持ちだけをだだ漏れさせるのではなく、それをきちんと指の先まで行き渡らせていきたい。もっともっとできる気がする。まだまだ違う表現を模索中だし勉強中。自分はまだまだ“途中”です」と真っ直ぐ先を見据えていた。

そして、「現場には精一杯いる。僕は一生懸命やるしかないんです。でも、もうそれだけじゃだめなんです」と自分に言い聞かせるように語り、「下手なりに気持ちを込めて現場にいる。それはずっと守ってきたつもりだし、そうやって死ぬまでやり続けたいです」と新たな決意をにじませた。

土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 平成猿蟹合戦図」は、11月15日からWOWOWで放送開始。(第1話無料放送)

悪人 スペシャル・エディション[DVD] 悪人 スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,847 ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか?吉田修一×李相日×久石譲といった至高の才能が贈る感動作!
さよなら渓谷[Blu-ray/ブルーレイ] さよなら渓谷[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,044 女優・真木よう子が渾身の力を注ぎ、体当たりの熱演し、モスクワ国際映画祭で審査員特別賞を受賞で話題になった作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi