あやまんルーキタエ、マイアミ留学はチュート福田を忘れるため : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年11月12日 > あやまんルーキタエ、マイアミ留学はチュート福田を忘れるため
メニュー

あやまんルーキタエ、マイアミ留学はチュート福田を忘れるため

2014年11月12日 17:10

チュート福田に未練あり?のルーキタエ(中央)「ヴァイキング」

チュート福田に未練あり?のルーキタエ(中央)
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「あやまんJAPAN」が11月12日、約3年ぶりとなるニューシングルの発売を記念し、東京・バーレスクTOKYOで行われた新曲お披露目イベントに、作曲者の山崎燿とともに出席した。同グループ結成当初からのメンバーで、今年4月から6月まで米マイアミに留学していたルーキタエは、一部で交際が報じられていたお笑いコンビ「チュートリアル」福田充徳との関係について「留学したのはふっくん(福田)を忘れるためです」と語り、恋の終わりを明言した。

報道陣からの質問に「私、隠さないので」と語り始めたルーキタエ。メンバーから「本当にもうない?」と念押しされると、「だって私、相当(好きって)言ったもん!」と諦めきれない様子で、帰国後も食事に行ったと明かした。また、お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二との交際報道で注目されている坂口杏里には、「どんどん言ったほうがいいよ!」とアドバイスを送った。

昨年2月にファンタジスタさくらだの脱退に伴うメンバーの入れ替えを行い、今年7月には「あやまんJAPAN株式会社」を設立するなど活動を続けてきた同グループ。あやまん監督は、「よくあるブームが去って迷走するパターンをまさに今やっています」と会場の笑いを誘い、「『やっぱりあやまんはこうでないと』という声を頂いて六本木に戻ってきました」と胸を張った。

この日、「あやまんJAPAN」らしい派手な演出と奇抜な衣装で披露された新曲「DDD どこでも誰でも大丈夫」は、作曲を「AKB48」の「ヘビーローテーション」を手掛けた山崎が手がけ、振り付けは「恋するフォーチュンクッキー」を手掛けたパパイヤ鈴木が担当。「もう、ほぼほぼAKB」というあやまん監督に、山崎が「アイドルよりもうるさい」と苦言を呈するほどこだわって製作した意欲作となっている。

「DDD どこでも誰でも大丈夫」は11月12日から配信、一部店舗による販売開始。

あやまんJAPANのDVD -ポテトが熱くて食べられない-[DVD] あやまんJAPANのDVD -ポテトが熱くて食べられない-[DVD] 最安価格: ¥1,543 ャンルは幅広く総勢100人以上が所属しているという新感覚の女の子エンターテイメント集団“あやまんJAPAN”の謎に包まれた実態を明らかにしていく取説的DVD。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi