アカデミー賞短編アニメーション部門、候補作10本に絞られる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年11月11日 > アカデミー賞短編アニメーション部門、候補作10本に絞られる
メニュー

アカデミー賞短編アニメーション部門、候補作10本に絞られる

2014年11月11日 12:15

ノミネート発表は2015年1月15日「愛犬とごちそう」

ノミネート発表は2015年1月15日
写真:Press Association/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]来年のアカデミー賞短編アニメーション部門のノミネート候補となる最終10作品が発表されたと、米バラエティが報じた。

もともと同部門に出品資格がある作品は56本だったが、審査の結果、最終候補は10作品に絞り込まれた。ウォルト・ディズニーの「ベイマックス」と同時上映となる「愛犬とごちそう(Feast)」のほか、ピクサーのアートディレクターである堤大介氏とロバート・コンドウ氏が手がけたオリジナル短編「The Dam Keeper」などが含まれている。

今後、さらなる審査を経て、2015年1月15日に5作品のノミネートが発表される。

なお、最終候補の10作品は以下の通り。

「The Bigger Picture」
「Coda」
「The Dam Keeper」
「Duet」
愛犬とごちそう
「Footprints」
「Me and My Moulton」
「The Numberless」
「A Single Life」
「Symphony No.42」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi