「インターステラー」公開日が「マシュー・マコノ日(ヒー)」に認定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年11月11日 > 「インターステラー」公開日が「マシュー・マコノ日(ヒー)」に認定!
メニュー

「インターステラー」公開日が「マシュー・マコノ日(ヒー)」に認定!

2014年11月11日 13:20

「自分の日」の認定に大感激のマコノヒー「インターステラー」

「自分の日」の認定に大感激のマコノヒー
[拡大画像]

 [映画.com ニュース] クリストファー・ノーラン監督が宇宙飛行士とその娘の絆を壮大なスケールで描く「インターステラー」の公開を記念し、公開日の11月22日が主演のマシュー・マコノヒーになぞらえた「マシュー・マコノ日(ヒー)」に認定されたことが明らかになった。

この認定は、1991年に発足し、記念日の文化的・歴史的・産業的な発展支援と記念日情報の総合窓口として、さまざまな活動に取り組んでいる日本記念日協会が行ったもの。「ダラス・バイヤーズクラブ」での第86回アカデミー賞主演男優賞受賞に加え、「インターステラー」の演技でもすでに高い評価を集めるなど、近年のマコノヒーの功績を称えたいという配給会社ワーナー・ブラザース映画の意向に応じた形だ。

この「マシュー・マコノ日」の認定書は、10月26日(米ロサンゼルス現地時間)に本人に届けられ、マコノヒーは日本語で「アリガトウ!」と大感激。「自分の名前で自分の日ができるなんて、今まで一度もなかったよ。僕の誕生日は、ちょうど11月。僕にとって初めての僕の日。とても光栄な事だね」と興奮し、「これから、11月22日をどうしようか考えなくちゃね。なにか日本を表現できるものがいい。たとえば着る洋服でこの日を祝うとか、それか、日本に毎年電話をかけるとか。僕が何をしているか、どこにいるかを知らせるのもいいね。日本での僕の日にね」とコメントを伝えている。このマコノヒーの提案を、配給会社では検討中だという。

インターステラー」は、地球滅亡のカウントダウンが始まった遠くない未来を舞台に、人類が移住可能な惑星探査の命を受けた宇宙飛行士たちの決死のミッションが描かれる。マコノヒーは、幼い娘を地球に残して宇宙に旅立ち、「必ず帰ってくる」という娘との約束をなんとしても果たそうとする父親役を演じる。共演はアン・ハサウェイジェシカ・チャステインケイシー・アフレックマイケル・ケインほか。11月22日から全国公開。

コンタクト[Blu-ray/ブルーレイ] コンタクト[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,167 地球外生命体の存在を信じていた女性天文学者が未知なる世界への旅に出る、ジョディー・フォスター主演で贈るSF大作。
マジック・マイク Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] マジック・マイク Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,926 『オーシャンズ11』スティーヴン・ソダーバーグ監督作品、知られざる男性ストリップダンスの世界とその裏側を描いたショーアップ・ムービー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi