オーソン・ウェルズの幻の遺作、生誕100周年の2015年公開へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年11月10日 > オーソン・ウェルズの幻の遺作、生誕100周年の2015年公開へ
メニュー

オーソン・ウェルズの幻の遺作、生誕100周年の2015年公開へ

2014年11月10日 07:05

幻の遺作が2015年に公開へ!「市民ケーン」

幻の遺作が2015年に公開へ!
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「市民ケーン」の鬼才オーソン・ウェルズ監督の未完の遺作「The Other Side of the Wind(原題)」が、ウェルズの生誕100周年にあたる2015年に公開される可能性が高まったと、米ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。

「The Other Side of the Wind」は、ジョン・ヒューストン扮する気難しい老映画監督が、復活をかけて、ハリウッドのスタジオシステムと戦いながら映画作りに臨むという設定で、ウェルズ自身の経験が投影されている。スーザン・ストラスバーグデニス・ホッパー、ピーター・ボクダノビッチらが共演した。

ウェルズ監督は、1970年から76年にかけて同作の撮影を行い、さらに85年の死去までその完成のために尽力したが、資金難を始めとするさまざまなトラブルに見舞われ未完に終わった。権利関係のもつれから、出資者のひとりが仏パリの倉庫に1000リール分のネガを保有することになり、ウェルズ監督のもとに残ったのは45分の編集済みフィルムのみだった。

しかしウェルズ監督の死後も、多くの人が同作の完成に向け、権利関係を整理する努力を続けており、特に「The Other Side of the Wind」のラインプロデューサーを務め、現在はスティーブン・スピルバーグ監督作の名プロデューサーとして知られるフランク・マーシャルの奔走により、2011年頃から実現に向けて着実に進んできた。

本プロジェクトにおけるマーシャルのパートナーで、このほど権利を獲得した米製作会社ロイヤル・ロード・エンターテインメントは、ウェルズ監督の誕生日の5月6日までに劇場公開することを目指しているという。ウェルズ監督が残したメモをもとに、マーシャルとボクダノビッチが上映版の編集や音楽入れなどを手がける。

市民ケーン[DVD] 市民ケーン[DVD] 最安価格: ¥443 一代で全米最大の富を築いた新聞王ケーンの半生を回想形式で描いた、オーソン・ウェルズ監督・主演で贈る不朽の名作。
オーソン・ウェルズ サスペンス ベストバリューBlu-rayセット[Blu-ray/ブルーレイ] オーソン・ウェルズ サスペンス ベストバリューBlu-rayセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,592 グレアム・グリーンの同名小説を映画化。第2次世界大戦のウィーンを舞台にした、傑作サスペンス「第三の男」と「黒い罠 完全修復版」の2作品を収録。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi