スティーブ・マックイーン監督のドラマに新人が大抜てき : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年11月5日 > スティーブ・マックイーン監督のドラマに新人が大抜てき
メニュー

スティーブ・マックイーン監督のドラマに新人が大抜てき

2014年11月5日 14:40

スティーブ・マックイーン監督「それでも夜は明ける」

スティーブ・マックイーン監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞3部門(作品賞、助演女優賞、脚色賞)を受賞した「それでも夜は明ける」のスティーブ・マックイーン監督が手がける、米HBOの新ドラマ「Codes of Conduct(原題)」パイロット版の主役に、新人デボン・テレルが大抜てきされた。

同作は、ニューヨーク上流社会に飛び込んだ、才能と自信にあふれる1人の黒人青年ビバリー・スノウの刺激的な体験を描くもので、米Indiewireによれば「私に近い6人の他人」とマックイーン監督の「SHAME シェイム」をミックスさせたような作品だという。スノウ役のキャスティングのため、昨年10月より10カ月を費やして主演俳優の大規模なオーディションが行われていた。

「非凡な俳優を見つけ出す必要があった」と語るマックイーン監督に発掘されたテレルは、米カリフォルニア州ロングビーチ出身で豪パース育ち。オーストラリア国立演劇学院を昨年卒業したばかりで、クレジットされた映画・テレビへの出演経験はないが、このほど大きなチャンスを手に入れた。

ちなみに、マックイーン監督は「それでも夜は明ける」でもほぼ無名だったルピタ・ニョンゴを起用し、ニョンゴは同作でアカデミー賞助演女優賞を受賞した。

それでも夜は明ける Blu-ray コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] それでも夜は明ける Blu-ray コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,074 妻や子供たちと再び会うために生き抜いた11年8カ月と26日間とは?第86回アカデミー賞作品賞受賞。“生きる”思いに魂を揺さぶられる感動作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi