レア・セドゥー、クリストフ・ガンズ監督と組んだ実写版「美女と野獣」を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月31日 > レア・セドゥー、クリストフ・ガンズ監督と組んだ実写版「美女と野獣」を語る
メニュー

レア・セドゥー、クリストフ・ガンズ監督と組んだ実写版「美女と野獣」を語る

2014年10月31日 09:10

ベルを演じた仏女優のレア・セドゥー「美女と野獣」

ベルを演じた仏女優のレア・セドゥー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アブデラティフ・ケシシュ監督作「アデル、ブルーは熱い色」で、第66回カンヌ映画祭パルムドールを受賞したレア・セドゥー。独特の雰囲気をまとい、魅力たっぷりのキャラクターをつくりあげてきたセドゥーが次に選んだ作品は、クリストフ・ガンズ監督の「美女と野獣」だ。これまでにも実写、アニメと映像化されてきたおとぎ話に飛び込んだセドゥーが、本作を語った。

ガンズ監督が映画化を熱望してきた「美女と野獣」は、1946年にジャン・コクトーによって映画化されている。ガンズ監督は、1740年に初めて書かれたビルヌーヴ夫人版の物語を原作に、「ジャン・コクトーの映画では語られなかった人間と自然の関わり、神と人間の関係性といった神話的な部分」に焦点をあて、宮崎駿監督をはじめとしたスタジオジブリ作品、「大魔神怒る」(三隅研次監督)など日本映画へのオマージュを盛り込む形で映像化に挑んだ。

父の代わりにバラ盗みの罪で城に幽閉されたベル。セドゥーは、幼少期からコクトー版「美女と野獣」に親しんできただけに、ベルをこれまでとは違うキャラクターにしたいという思いがあり、おとぎ話が好きだった自分と同じような少女たちが「自分を投影できるようなベルにしたい」と演じた。

「よりモダンだと思います。コクトー版のベルは、登場した時点で大人の女性でしたが、今回は愛を発見することによって、少女から大人の女性へ成長していくのです。処女喪失のシンボルとしても描かれているのだと思います。もうひとつ、ベルが自分の手で運命をどうにかしようとして能動的に動いている点が現代的ではないでしょうか。コクトー版は野獣を中心にしていますが、今回は現代的なベルを中心にお話が展開しているのです」


美しい世界観で見せる「美女と野獣」「美女と野獣」

美しい世界観で見せる「美女と野獣」
(C)2014 ESKWAD - PATHE PRODUCTION - TF1 FILMS PRODUCTION ACHTE
/ NEUNTE / ZWOLFTE / ACHTZEHNTE BABELSBERG FILM GMBH - 120 FILMS
[拡大画像]

セドゥーは、カッセル扮する野獣と恋を紡いでいくが、ラブストリートしての本作の魅力を「ハッピーエンドであり、ふたりにとっての解放の物語」と分析。「野獣は普通とは違っているし、ベルも家族の中であまり理解されない。ある意味、アウトサイダーであるふたりが結びつくということが面白いと思います。ラブストーリーというものは、どの話をとっても唯一無二のユニークなものだと思うんです」

幼いころからおとぎ話にあこがれていたセドゥーは、「夢見がちで、想像の友だちと遊んでいるような子ども」だったという。そんな少女が18歳で女優を志し、「Mes copines」(2006)でデビュー。わずか7年後、青髪のミステリアスな女性を熱演した「アデル、ブルーは熱い色」で、パルムドールに輝いた。

「パルムドールを受賞したことでいろいろなことが変わり、大成功だと言えると思います。でも、カンヌ以前からの積み重ねがあって、少しずつ有名な監督と仕事ができるようになり、重要な役を得られるようになっていたのです。もちろんパルムドールは大きな賞ですが、影にいたものが急に光のなかに出るというような変化ではなかったのです」と歩んできたキャリアへの自信をのぞかせた。

美女と野獣」は、11月1日から全国で公開。

マリー・アントワネットに別れをつげて[Blu-ray/ブルーレイ] マリー・アントワネットに別れをつげて[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,486 フランスで最も権威のあるフェミナ賞に輝いたベストセラー小説を映画化。
美しき棘[DVD] 美しき棘[DVD] 最安価格: ¥3,201 少女と大人の狭間で揺れ動く17歳の心理と衝動をリアルに描き出したエロスドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi