来日中のティム・バートン監督、最新作「ビッグ・アイズ」は「もうすぐ完成」と報告 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月31日 > 来日中のティム・バートン監督、最新作「ビッグ・アイズ」は「もうすぐ完成」と報告
メニュー

来日中のティム・バートン監督、最新作「ビッグ・アイズ」は「もうすぐ完成」と報告

2014年10月31日 19:16

新作「ビッグ・アイズ」について語ったティム・バートン監督「ビッグ・アイズ」

新作「ビッグ・アイズ」について語ったティム・バートン監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 来日中のティム・バートン監督が10月31日、 第27回東京国際映画祭が開催中のTOHOシネマズ六本木で最新作「ビッグ・アイズ」のプレゼンテーションを行った。実在の米女性画家がたどる奇妙な運命を描いた本作。「もうすぐ完成するよ。今日は本編をお見せできず、残念だけど、ぜひ公開まで楽しみにしてください」とファンに呼びかけた。

映画は自身が描いた少女の絵が、夫の作品として大人気を博した実在の米女性画家マーガレット・キーンが、富と名声を捨ててでも、真実を公表しようと決意する姿を描く。タイトルの「ビッグ・アイズ」とは、悲しげな大きな瞳の子どもをモチーフにし、1960年代の米ポップアート界に影響を与えたアート作品のこと。

ビッグ・アイズ」シリーズの収集家でもあるバートン監督は、「幼い頃は、一般家庭のリビングや病院の待合室、歯医者のオフィスでこの少女の絵をよく見かけたよ。子どもながらに、絵に見つめられているようで、不思議で不気味な気持ちになった」と述懐。そんな絵画にまつわる“贋作疑惑”について、「大人になってから、夫婦に隠された秘密を知り、とても興味がわいた」といい、「実在の人物を映画化するのは『エド・ウッド』以来かな。久しぶりにリアリスティックな作品だよ」と自信を示した。

主演を務めるのは、エイミー・アダムス。オスカー俳優のクリストフ・ワルツとともに画家夫婦を演じており、「ふたりともすばらしい演技派俳優で、摩訶不思議な夫婦関係を見事に演じてくれたよ。映画づくりの喜びといえば、やはり才能あふれる人々とコラボレーションできること」。同日、第27回東京国際映画祭のサムライ賞を受賞し、六本木で開催される「ティム・バートンの世界展」のオープニングセレモニーにも出席。「それに今日はハロウィンだよね。こんなにうれしいことが重なるなんて、最高だよ。ハッピー・ハロウィン!」と終始、上機嫌だった。

ビッグ・アイズ」は、2015年1月から東京・TOHOシネマズ 有楽座ほか全国で公開。

【初回限定生産】バットマン 製作25周年記念エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】バットマン 製作25周年記念エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,880 ゴッサム・シティに巣食う悪に敢然と立ち向かう謎のヒーロー「バットマン」の戦いを描いた、傑作SFXアクション。
ダーク・シャドウ[Blu-ray/ブルーレイ] ダーク・シャドウ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,189 ジョニー・デップ×ティム・バートンの最強コンビが贈るブラック・ファンタジー!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi