「環境破壊は世界共通」 トルコの遅咲き新人監督が問題提起 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月30日 > 「環境破壊は世界共通」 トルコの遅咲き新人監督が問題提起
メニュー

「環境破壊は世界共通」 トルコの遅咲き新人監督が問題提起

2014年10月30日 18:03

ムハンメット・チャクラル監督「ツバメの喉が渇くとき」

ムハンメット・チャクラル監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第27回東京国際映画祭のアジアの未来部門で10月30日、トルコ映画「ツバメの喉が渇くとき」が公式上映された。トルコ北東部の山村を舞台に、村人が出演するドキュメンタリーと再現ドラマを並行させ、ダム建設反対運動をめぐる葛藤を描いた野心作。上映後のティーチインにムハンメット・チャクラル監督、プロデューサーのムラット・バスマン氏が出席し、日本の映画ファンと意見を交わした。

黒海に近い山あいの静かな村に暮らす主人公ムラットは、仲間とともに自然保護を訴え、村の近くで進む水力発電所の建設反対運動を展開。激しい火花を散らすが、穏やかな日常を奪う自らの行動に葛藤を覚え始める。

1965年生まれの“遅咲きの新人”チャクラル監督は、「私自身も反対運動に身を投じ、その様子をドキュメンタリーとして記録していた」といい、「より多くの人々と分かち合いたいと思い、ドラマと融合させ、芸術作品に仕上げたかった」と独特なスタイルを選んだ意図を説明していた。

現在もトルコ各地で発電所の建設が進んでいるといい、「金もうけに必死な政府と企業が、大きな権力となって市民の声を握りつぶしている。ときには武力を行使したり、読み書きもできない老人を尋問したりすることも。さらに深刻なのは、国内メディアがそうした動向をほとんど報じないこと」と現状を憂えた。

「環境破壊は世界共通の問題」と強調するチャクラル監督。「実はトルコでは、原子力発電所の建設も検討されている。その計画には、日本の企業がかかわっており、私はとても心を痛めています。活断層の上に原発を作ればどうなるか……。日本に暮らす皆さんなら理解してもらえるはず」と問いかけた。

昨年創設された「アジアの未来」部門は、日本・中東地域を含めたアジアで製作された、新鋭監督のデビュー作もしくは2本目の長編作品を対象にしたアジア・ヤングシネマ・コンペティション。2年目の今年は10本がラインナップされ、うち9本が世界初上映作品となる。同部門の作品に加えて、新設の国際交流基金アジアセンター特別賞が授与される。

第27回東京国際映画祭は10月31日まで開催。

フォトギャラリー

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi