タイ発の稲作ドキュメンタリーに観客から質問殺到 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月30日 > タイ発の稲作ドキュメンタリーに観客から質問殺到
メニュー

タイ発の稲作ドキュメンタリーに観客から質問殺到

2014年10月30日 13:50

ティーチインイベントに参加したピムパカー・トーウィラ「稲の歌」

ティーチインイベントに参加したピムパカー・トーウィラ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第27回東京国際映画祭CROSSCUT ASIA部門に選出されたドキュメンタリー映画「稲の歌」が10月29日、東京・TOHOシネマズ日本橋で公式上映され、プロデューサーのピムパカー・トーウィラがティーチインに出席した。

監督を務めるウルポン・ラクササドはタイを代表するドキュメンタリー映像作家で、本作は日本未公開の「Stories from the North」、2009年の山形国際ドキュメンタリー映画祭に出品された「稲作ユートピア」に続く「稲作3部作」の完結編。稲の生育や農作業に伴う歌や踊りといったテーマを通し、タイの稲作文化の諸相を映し出したドキュメンタリーだ。

同様に稲作文化を持つ日本人にとって興味深い内容となっており、上映後の本イベントでは感想や質問が殺到した。まず、タイのどこで撮影を行ったのかという質問に対して「東北タイが主になりますが、全国で撮影しました」と答え、作品内でタイ全土を見ることが出来るとアピールした。

初めて見る景色なのに懐かしい感じがしたという観客には、「稲作文化のノスタルジアは監督の意図したところです」と満足げなほほ笑みを浮かべた。合わせて、村人が行うロケット花火に関しては「ロケット打ち上げでどこまで遠く飛ばせるかというレース。海外の映画祭に行くと必ず聞かれます」とコメントし、会場の笑いを誘った。

その後も、製作費の調達の仕方についても「海外のファンドを利用したりするが、今回は300万バーツ(約900万円)で撮った」と語り、撮影も担当したラクササド監督のカメラ技術について「あまりいいカメラではなかったけれど、監督はカメラを扱うのが非常にうまいんです。前作『稲作ユートピア』もうまく撮れていましたし、違う人が同じ機材で撮ってもこんな風にはできないと思います」と称賛の言葉を並べた。

第27回東京国際映画祭は10月31日まで開催。

フォトギャラリー

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi