長編2作目のセドリック・ジメネス監督&ジル・ルルーシュ「マルセイユ・コネクション」を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月29日 > 長編2作目のセドリック・ジメネス監督&ジル・ルルーシュ「マルセイユ・コネクション」を語る
メニュー

長編2作目のセドリック・ジメネス監督&ジル・ルルーシュ「マルセイユ・コネクション」を語る

2014年10月29日 12:45

ジル・ルルーシュとセドリック・ジメネス監督「フレンチ・コネクション」

ジル・ルルーシュとセドリック・ジメネス監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 原題の「ラ・フレンチ」とは、1970年代前半に南仏と米をつなぐ麻薬取引ルート「フレンチ・コネクション」のことで、マルセイユ生まれの弱冠38歳の監督は、この実話をクライムアクションとして映画化した。その麻薬組織のボス、ザンパを演じるのは2010年に「君のいないサマーデイズ」でセザール賞助演男優賞にノミネートされた実力派ジル・ルルーシュ。本作が長編2作目とは思えない手腕を見せたセドリック・ジメネス監督とともに、初来日した2人が同作について語った。

――全編を通じて、人物と一緒に動くカメラワークが臨場感と緊張感があり、素晴らしかったです。カメラワークはシナリオの段階から考えていらっしゃるのですか?

セドリック・ジメネス監督:(以下、ジメネス):映画に登場する「ラ・フレンチ」という組織がどう機能しているかを見せるか、また、バーから金をどう脅し取ってドラッグをどう運んでいくかというシーンの構成は、シナリオを書いている段階からカメラワークを考えていました。一方、俳優が演じているところは、むしろ俳優に演技を任せて、カメラや監督はそれに適応するというかたちにしたのです。その方が自然だと思っていますし、僕のやり方はいつもそうしています。

――もうひとつ、クローズアップのシーンがとても新鮮で印象に残りました。人物だけではなくて物もそうです。こういうシーンは日本映画では少なくなっています。これも作品を際立たせていると感じました。

ジメネス:人物に関しては、最初からアップというのはわりと考えていましたね。それというのも、人物に寄ったかたちで物語を語っていきたいと思ったからです。物のアップに関しては、フランスなどのヨーロッパ、アメリカはそういう文化があるように思うのです。それとともに、現在ではなく以前の時代を描いていますので、その時代の象徴的な「物」を強調したかったというのもあります。

――監督はマルセイユ生まれで、マルセイユのことなら深く理解しているという事を、上映後のQ&Aでおっしゃっていました。作品の背景になる時代は、監督が生まれた頃だと思いますが、ウィリアム・フリードキン監督の「フレンチ・コネクション」に対するオマージュもあるのでしょうか?

ジメネス:いえ、オマージュではないですね。今回の映画作りのために見返すこともしませんでした。もちろん、フリードキン監督の映画はとても好きではありますが、彼の映画が直接的に関係しているわけではありません。マフィア自体がとても大きな組織ですので、それを題材として20くらいの映画を撮ることができると思います。

――ジル・ルルーシュさんにお聞きします。マフィア役(ガエタン・タニー・ザンパ)を演じるにあたり、何か役作りの参考にしたことはありますか?

ジル・ルルーシュ(以下、ルルーシュ):演じるにあたっての準備として、ザンパはどんな人物だったか調べたんですね。いろんなところからの証言を集めて、それをまとめると非常に魅力的な人だったらしいですね。家族を大事にしたし、社会的に認められたいと思っていた人だったようです。ある意味、「ヤクザ/マフィア」とは違う、尊敬される人になりたかったんじゃないのかと想像したんです。だけど、結果としてマフィアになってしまった。だから分裂症的なところがある。僕としては、マフィアというより政治家みたいな人物として演じようとしました。接しやすくて、まわりに問題があったら解決してあげられる人だけれど、うまくいかなくなったら暴力的な手段を取るという。

――家族愛を描いた素晴らしいシーンもたくさんありました。しかし、とくに印象的だったのは、判事とザンパが海の見える高台で対峙するシーンです。

ルルーシュ:あれは複雑なシーンでした。映画では、判事とザンパが初めて会うシーンで、また実際には、僕の友人である俳優のジャン(・デュジャルダン)と会うという大切なシーンでもあり、複雑であるがゆえにそれがうまくシーンに表れていたと思います。監督も、あのシーンは「聖なるもの」になったと言っているのですが、両方の俳優がお互いにうまくできるだろうかと思っている恐怖のようなものが距離感や異質なものを生み出して、それが面白い形になったんですね。監督は、俳優を自由にさせていると言っているけれども、必ずしもそうではなくて実はどんな構図にするかを分かってやっているのです。ですからあのシーンも、俳優ふたりがお互いどうしたらいいかという心理を、うまく利用しているのです(笑)。

――その構図で言いますと、最初にクルマが疾走していく場面で、車種を見ると時代がわかるのですが、美術など難しくなかったですか?

ジメネス:70年代はいま流行っているので、割と手に入るんですね。20世紀の初めを舞台にしたら大変だったと思うのですけれど。ゴーモン社もいろいろなフォローをしてくれて、映画を完成させてくれるまで付き添ってくれたというのは勇気があったと思います。それに、俳優にしてもクルマにしても撮影にしても美術にしても、ゴーモンの影響がなければありえなかったと思いますし、この映画時代が存在しなかったと思いますのでただの制作会社というより母体ですね。

友よ、さらばと言おう[DVD] 友よ、さらばと言おう[DVD] 最安価格: ¥2,976 フランス映画史上、最も優れたサスペンス・アクション!
フレンチ・コネクション 1&2 ブルーレイパック〔期間限定出荷〕[Blu-ray/ブルーレイ] フレンチ・コネクション 1&2 ブルーレイパック〔期間限定出荷〕[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - フランスとアメリカを結ぶ麻薬密輸ルート、“フレンチ・コネクション”。ニューヨーク市警の敏腕刑事ドイル刑事と、相棒ラソー刑事が3200万ドルのヘロインをめぐって、国際麻薬シンジケートの黒幕を追い詰める姿を描く傑作アクション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi