TIFF×日本映画監督協会提携で「箱入り息子の恋」上映&シンポ開催 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月28日 > TIFF×日本映画監督協会提携で「箱入り息子の恋」上映&シンポ開催
メニュー

TIFF×日本映画監督協会提携で「箱入り息子の恋」上映&シンポ開催

2014年10月28日 14:50

武部由実子プロデューサーと TIFFプログラミングディレクターの矢田部吉彦氏「箱入り息子の恋」

武部由実子プロデューサーと
TIFFプログラミングディレクターの矢田部吉彦氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第27回東京国際映画祭と日本映画監督協会の提携による、昨年の同協会新人監督賞を受賞した市井昌秀監督の「箱入り息子の恋」の上映が10月28日、TOHOシネマズ日本橋で行われ、同作の武部由実子プロデューサーによるシンポジウムが開催された。

当初は市井監督も参加予定だったが、急きょ、新作ドラマの撮影と重なり欠席。しかし、武部氏は「この作品で市井監督を知った人が、仕事をしたいなどいろいろと声をかけてくれるようになった。監督が忙しくなるのは、プロデューサーみょう利に尽きる」と理解を示した。

箱入り息子の恋」は、豪の映画監督マックス・マニックスが執筆した脚本を武部氏が預かったのが企画スタート。2年ほどの開発期間を経て、2008年に「無防備」でぴあフィルムフェスティバル(PFF)のグランプリを獲得した市井監督にリライトを依頼したところ、わずか1週間で書き上げてきたという。

「マックスのものと、若手の脚本化が書き直したものを2冊渡したら、両方のいいところ取りで、オリジナルの部分も足してきた。1週間で書き直す気概にも感動した」と振り返る武部氏。市井監督にメガホンをゆだね、約1年後には撮影に入る順調な行程をたどった。

監督の才能を見分ける条件について、「聞く耳を持っていること。プロデューサーサイドから押し付けるつもりはないが、人の話を聞きちゃんとそしゃくして脚本に反映できると、一緒にゴールを目指していける」と説明。現在、所属しているキノ・フィルムズでは年間1~2本の企画を進めており、「後発の製作会社の存在意義として、オリジナルをやり続けていきたい。大変ですけれど、若い人が活躍できるということを態度で示さなければいけないので」と意欲を見せていた。

第27回東京国際映画祭は10月31日まで開催。

無防備[DVD] 無防備[DVD] 最安価格: ¥3,201 家では夫との関係も冷え切って潤いのない生活を送り、プラスチック工場と自宅を往復する日々の30代主婦・律子。ある日、律子の前に妊娠した20代の千夏が現れる。親身にする律子を姉のように慕う千夏。二人の間に絆が生まれつつある一方で、次第に千夏の存在が律子の心を乱していく…。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi