沖田修一監督、最新作「滝を見にいく」出演“7人のおばちゃん”の珍アピールにタジタジ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月27日 > 沖田修一監督、最新作「滝を見にいく」出演“7人のおばちゃん”の珍アピールにタジタジ
メニュー

沖田修一監督、最新作「滝を見にいく」出演“7人のおばちゃん”の珍アピールにタジタジ

2014年10月27日 20:21

演技経験のない一般人を含むユニークな経歴の女性たちが出演「滝を見にいく」

演技経験のない一般人を含むユニークな経歴の女性たちが出演
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第27回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に選出された沖田修一監督の「滝を見にいく」が、10月27日TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、沖田監督と出演の根岸遙子安澤千草荻野百合子桐原三枝川田久美子徳納敬子渡辺道子が舞台挨拶に登壇した。

南極料理人」「横道世之介」の沖田監督の最新作。「幻の滝を見に行くツアー」に参加し、道中で迷子になってしまった“7人のおばちゃんたち”が繰り広げるサバイバルをコメディタッチで描いた。主要キャスト全員をオーディションで選出し、演技経験のない一般人を含むユニークな経歴の女性たちが、おばちゃんたちを個性豊かに演じる。

「40歳以上の女性・経験問わず」という条件で見事抜てきされた7人だが、登壇陣は口々に「選ばれた時は本当に私でいいんですかと正直思いました」(根岸)、「試写を2回見たが、自分が出ているので客観的になれず、面白いのかなんだかわからない」(安澤)、「穴があったら入りたい。自分が画面に出ると『見ないで』って隠したい気持ち」(荻野)、「(自分の演技で)のぼり調子の沖田監督の名を汚さないかだけが心配」(桐原)、「周りを見ると誰もガッツポーズしていなかった」(川田)と控えめかつ自虐的なコメント。これには沖田監督もタジタジで、大汗をかきながら「皆さん、出たくてオーディションを受けられたんですよね?」と戸惑っていた。

その一方で、今年80歳を迎えた徳納が「エキストラくらいの役だと思っていたら、(選ばれて)『やったー!』でした」と喜びを語り、続く渡辺も「素直に喜びました。自分のなかでは奇跡的幸運」と話すと、沖田監督もようやく安どの表情。さらに、徳納は「試写を見て自分の演技への感想は」と聞かれ、「なんと紅葉がきれいなんだろう! 皆に見せたいと思いました」とマイペースに語り、客席の爆笑をさらっていた。

滝を見にいく」は、11月22日から東京・新宿武蔵野館ほか全国順次公開。なお、第27回東京国際映画祭は10月31日まで開催。

キツツキと雨 ブルーレイ 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] キツツキと雨 ブルーレイ 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,197 無骨なキコリと気弱な映画監督のちょっといい出会い―。『南極料理人』の沖田修一監督が贈る、クスリとわらってちょっぴり泣けて、気づいたら元気が出てる“ほんわか”ムービー。
南極料理人 豪華版【完全生産限定】[Blu-ray/ブルーレイ] 南極料理人 豪華版【完全生産限定】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,756 過酷な状況下に置かれた隊員たちと“南極料理人”が繰り広げる泣けて笑えるフード・エンタテイメント!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi