J・デュジャルダン主演「マルセイユ・コネクション」で共演ジル・ルルーシュが初来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月26日 > J・デュジャルダン主演「マルセイユ・コネクション」で共演ジル・ルルーシュが初来日
メニュー

J・デュジャルダン主演「マルセイユ・コネクション」で共演ジル・ルルーシュが初来日

2014年10月26日 19:35

初来日を果たしたジル・ルルーシュ「この愛のために撃て」

初来日を果たしたジル・ルルーシュ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第27回東京国際映画祭コンペティション出品作「マルセイユ・コネクション」の上映が10月26日TOHOシネマズ六本木であり、仏俳優ジル・ルルーシュセドリック・ジメネス監督が会見した。

この愛のために撃て」「友よさらばと言おう」など近年のフレンチ・ノワールの顔として、存在感を見せるルルーシュ。「小さいころから東京にあこがれていて、『ブレードランナー』のような未来の街を頭の中で思い描いていました。来てみたらその通りで、わくわくする興味、関心をかき立てられる街。多くの監督が東京で撮影したいと思う気持ちが理解できますし、一方、フランスが中世のように思えてきました」と初来日の感想を語った。

ジメネス監督にとって長編第2作となる本作は、70年代後半の南仏マルセイユで実際に起きた事件を基に、不屈の正義感を持つ判事が麻薬組織に立ち向かう姿を描いたアクション満載のクライムドラマ。「アーティスト」でフランス人初のアカデミー賞主演男優賞を受賞したジャン・デュジャルダンが熱血判事ミシェル、ルルーシュが麻薬組織のボスのザンパを演じる。

「初めての日本に映画と共に来られたことがうれしい」と挨拶したジメネス監督は、「私はマルセイユ生まれのマルセイユ育ち。父親がナイトクラブを経営しており、その隣に(麻薬組織の)ザンパたちがいたのです。長いこと彼らのことを知っていたので、その物語を語りたいと思った」と本作製作のきっかけを語る。そして「実在した人々の人生を尊重して物語をつくることに責任を感じた」と振り返った。

ルルーシュは実在した人物を演じるにあたり「奥さんや子ども、友人らに会って話を聞きました。あまり風刺にならず、そして美化しないよう、真実を演じることを心がけました。とりわけ残された(ザンパ)の家族に対してプレッシャーを感じました」と役作りの苦労を明かした。

東京国際映画祭は10月31日まで開催。

メビウス[DVD] メビウス[DVD] 最安価格: ¥3,201 ロシア国家機密情報員のグレゴリーは不正資金洗浄の疑いがあるロシア人ビジネスマンを監視するため、モロッコへと向かう。アメリカ人金融専門家アリスを雇い、不正を暴こうとするが、アリスはグレゴリーのチームを裏切っているという疑惑が浮上。アリスの裏切りを確かめる中、グレゴリーとアリスは深い仲に…。
プレイヤー[DVD] プレイヤー[DVD] 最安価格: ¥2,052 必死に、マジメに、不条理に…。様々なシチュエーションで描かれる、ちょっぴりオトナの恋愛ゲーム。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi