大内伸悟監督、くじけそうになりながら「知らない町」を4年越しで完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月25日 > 大内伸悟監督、くじけそうになりながら「知らない町」を4年越しで完成
メニュー

大内伸悟監督、くじけそうになりながら「知らない町」を4年越しで完成

2014年10月25日 10:05

監督、スタッフ、キャストが 一丸となって完成させた「知らない町」「知らない町」

監督、スタッフ、キャストが
一丸となって完成させた「知らない町」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第27回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に選出された「知らない町」が10月24日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで公式上映され、主演の柳沢茂樹細江祐子大内伸悟監督らがティーチインに出席した。

製作に4年を費やした労作なだけに、大内監督は「付き合ってくださったキャスト・スタッフの方に、改めてこの場を借りて感謝申し上げます」と謝意。そして、「僕の体たらくが災いして1年に1回の撮影になってしまった。脚本を書きつつお金を貯めつつ、撮影を3回やって、とっちらかった作品なので編集に1年かかった」と完成までの経緯を明かした。キャストの降板など苦難も多かったそうで、「途中何回もくじけそうになりましたが、叱咤激励を身内から頂き、どうにか完成できました」と神妙な面持ちで語った。

この発言を受け柳沢は、「インディペンデントの映画って、撮っていつの間にか監督から連絡が来なくなり、もう終わったんだなという経験を散々している。最後の撮影まで1年丸々連絡がなかったので、『これはもう終わった』と思った」と振り返る。しかしその後、大内監督から連絡を受けた柳沢は「『人ひとり殺すぐらいの気持ちでやるんだったら、俺は乗っかるよ』と言った」と撮影再開の舞台裏を明かした。

大内監督は「人に申し訳ないのもそうだが、これが完成できないと自分は二度と(映画を)撮れないと思っていた。最後の作品だと思いながらやらないと、いいものは作れないと思っているので、『やりたくない』と言われてもお願いしますという風に頼み込みました」。今後について聞かれると、自身の敬愛する小説家・保坂和志氏の言葉を引用し「『わかりやすいというのは、支配者側の論理だ』。その精神を忘れずに撮っていきたい」と次回作への意欲を燃やしていた。

地図調査員・優二(柳沢)の部屋を“前の住人”だった亮子(細江)という女が訪ねてくることから物語は始まる。亮子はゴトウという男に会いにきたというが、優二の友人の西田(松浦祐也)がその部屋で幽霊を見たと騒ぎになる。その後、優二は亮子と偶然再会し、ゴトウが既にこの世にいないことを告げられる。

知らない町」は、11月22日から開催されるTAMA CINEMA FORUMの「TAMA NEWWAVEコンペティション部門」にも出品されている。第27回東京国際映画祭は31日まで。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi