押井守監督、15年越しの超大作「GARM WARS」ワールドプレミアに感無量 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月25日 > 押井守監督、15年越しの超大作「GARM WARS」ワールドプレミアに感無量
メニュー

押井守監督、15年越しの超大作「GARM WARS」ワールドプレミアに感無量

2014年10月25日 20:30

押井守監督と鵜之澤伸氏

押井守監督と鵜之澤伸氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第27回東京国際映画祭の特別招待作品「GARM WARS The Last Druid」が10月25日、東京・TOHOシネマズ日本橋で上映され、メガホンをとる押井守監督、エグゼクティブプロデューサーを務める鵜之澤伸が舞台挨拶に立った。押井監督にとって初の英語作品であり、15年前に一度製作が頓挫したいわくつきの一作。「15年ぶりに完成しました。性格的に執念深いので、あきらめずにやってきて良かった」と完成を報告し、駆けつけたファンの拍手と歓声を浴びていた。

押井監督は当時、本作のためにデジタルエンジンというスタジオを立ち上げ、約70人のスタッフとともに3年間準備を進めていたが「もろもろの事情で中止になった。中止にしたのは、隣にいるこの男(笑)」と鵜之澤氏をチラリ。それだけに「同じ男によって、再び動き出したのは何かの因縁。とにかく今は幸せな気分なので、ぜひワールドプレミアを楽しんでもらえれば」と感無量の表情だった。

ケルト神話をベースに、CGと実写の技術を融合させたハイブリッドアニメーション映画。ガルムと呼ばれる部族間の戦いが激化するなか、群れからはぐれた3人のガルムが「ガルムの存在意義を探るため」聖地ドゥアル・グルンドを目指すというSFファンタジーに仕上がった。

見どころを聞かれた押井監督は、「よくわかんないですねえ」とおどけて見せ、「もともとアニメの方法論で実写を撮るという触れ込みだったけど、この15年の間で、それが映画界のスタンダードになってしまった。だから、アニメとは思っておりません。監督の頭に宿った妄想を、そのまま映像化したとしか言えない」と持論を展開。一方、鵜之澤氏は「そうは言っても、アニメの演出とレイアウトなので、あえてハイブリッドアニメーションと言わせてもらえれば。ここでケンカしてもしょうがないですけど」と丁々発止のやりとりを披露した。

本編には日本語字幕がついており、鵜之澤氏は「難解だと言われる押井作品に、字幕をつけるとこんなにスッキリ、理解しやすいんだとわかった。今後はすべての作品で、字幕をつけたほうがいい」。これに対し、押井監督は「字幕に気を取られ、映像を見逃さないでほしい。(字幕を)読まなくても、ちゃんとわかる映画になっている」と反論していた。

第27回東京国際映画祭は、六本木ヒルズをメイン会場として31日まで開催。

機動警察パトレイバー2 the Movie[Blu-ray/ブルーレイ] 機動警察パトレイバー2 the Movie[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,897 1993年に公開された、ヘッドギア原作の近未来SFアニメ『機動警察パトレイバー』の劇場版第2弾。
THE NEXT GENERATION パトレイバー/第5章[Blu-ray/ブルーレイ] THE NEXT GENERATION パトレイバー/第5章[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,330 21世紀―今だからこそ可能となった驚異のプロジェクト始動!総監督を務めるのは、アニメファンのみならず、世界的な人気、知名度を誇る押井守!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi