「死霊館」続編にジェームズ・ワン監督がカムバック : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月24日 > 「死霊館」続編にジェームズ・ワン監督がカムバック
メニュー

「死霊館」続編にジェームズ・ワン監督がカムバック

2014年10月24日 11:10

ジェームズ・ワン監督「死霊館」

ジェームズ・ワン監督
Photo by:Michael Stewart/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ニューラインが、昨年サプライズヒットを記録した「死霊館」の続編に、再びジェームズ・ワン監督(「ソウ」「インシディアス」シリーズ)を起用した。

ワン監督がメガホンをとった「死霊館」は、1971年、米ロードアイランド州に建つ一軒家に越してきた家族に、次々と奇妙な現象が発生し、心霊学者のウォーレン夫妻に助けを求めたところ、恐るべき血ぬられた歴史が明らかになるという実話をベースにしたストーリー。ウォーレン夫妻役をパトリック・ウィルソンベラ・ファーミガが演じ、R指定ながら全世界興収3億2000万ドルを超える大ヒットとなった。

今年10月には「死霊館」の前章となるスピンオフ「Annabelle」が全米公開され、こちらは「死霊館」の撮影監督ジョン・R・レオネッティがメガホンをとり、ワン監督がプロデュースにまわった。「Annabelle」は、「死霊館」の冒頭に登場した人形アナベルの呪われた過去を描くもので、アナベル・ウォーリスが主演している。

米バラエティ紙によれば、「死霊館」続編はウィルソンとファーミガが再び主演。当初2015年10月23日全米公開の予定だったがスケジュールを変更し、来夏撮影を開始、16年に全米公開する。

ワン監督は昨秋、「死霊館」と「インシディアス 第2章」を最後にホラー映画から卒業すると発言していたが、「死霊館」続編の監督に決まり、前言を撤回することになる。

なお、ワン監督がメガホンをとった「ワイルド・スピード7(仮題)」は先頃クランクアップしており、15年4月17日に日本公開される。

死霊館[Blu-ray/ブルーレイ] 死霊館[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 『ソウ』のジェームズ・ワン監督作、実話に基づき人間の耐え得る限界を超えた凶暴な恐怖を描く衝撃作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi