「共犯」チャン・ロンジー監督、若者のソーシャルメディア依存に警鐘 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月24日 > 「共犯」チャン・ロンジー監督、若者のソーシャルメディア依存に警鐘
メニュー

「共犯」チャン・ロンジー監督、若者のソーシャルメディア依存に警鐘

2014年10月24日 19:10

来日した「共犯」のチャン・ロンジー監督「共犯」

来日した「共犯」のチャン・ロンジー監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 台北映画祭のオープニングを飾ったチャン・ロンジー監督作「共犯」が10月24日、東京・六本木ヒルズで開催中の第27回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門で上映された。ロンジー監督は上映後のティーチインに参加し、客席からの質問に応じた。

同じ高校の女子生徒の変死体をたまたま同時に見つけた3人の男子高校生ホアン、リン、イエが、妙な連帯感とともに事件の真相を突き止めようと奔走するうち、事態は予期せぬ展開を迎えていく。

視覚障がいを持つ天才ピアニストを描いた前作「光にふれる」とは全く毛色の異なる作品となったが、ロンジー監督は「前作でも学生が主人公だけど、監督として違う切り口、違う題材に挑戦したかった。脚本の推理小説的な部分と、登場人物たちが抱える孤独感にひかれた」と製作経緯を説明。キャスティングにもこだわり、「台湾は高校生の役者が少ないので、実際に高校をたずねて演技経験のない学生を抜てきした。メインで登場する男女6人のうち、4人は演技未経験者だった」と自然体の魅力を引き出した。

また、「友だちが欲しいのにうまく作れない主人公のホアンは、残された日記を通じて死んでしまった女生徒と知り合いたかった。最近の若者たちがネット上という虚構の世界で友だち同士になることに近いと思う」と分析。日本でもソーシャルメディアを通じたいじめ問題が増えているが、「今はネットを通じてすぐに連絡し合える。一方、実力行使の暴力ではなく、言葉の暴力が増えてきている。“共犯”がいるとすれば周囲の大人の無関心かもしれない」と警鐘を鳴らした。

東京国際映画祭は10月31日まで開催。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi