東京国際映画祭ジェームズ・ガン審査委員長、影響を受けた監督は「黒澤・小津・三池」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月24日 > 東京国際映画祭ジェームズ・ガン審査委員長、影響を受けた監督は「黒澤・小津・三池」
メニュー

東京国際映画祭ジェームズ・ガン審査委員長、影響を受けた監督は「黒澤・小津・三池」

2014年10月24日 14:15

ジェームズ・ガン審査委員長をはじめとする 東京国際映画祭コンペ部門の審査員たち「私の頭の中の消しゴム」

ジェームズ・ガン審査委員長をはじめとする
東京国際映画祭コンペ部門の審査員たち
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第27回東京国際映画祭コンペティション部門の審査員会見が10月24日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、審査委員長を務めるジェームズ・ガン監督、イ・ジェハン監督(「私の頭の中の消しゴム」)、ロバート・ルケティック監督(「キューティ・ブロンド」)、エリック・クー監督(「TATSUMI マンガに革命を起こした男」)、デビー・マクウィリアムズ(キャスティング・ディレクター)、お笑い芸人で監督の品川ヒロシが出席した。

コンペティション部門には、ベント・ハーメル監督の新作「1001グラム」、セドリック・ジメネス監督がジャン・デュジャルダン出演で検察と麻薬組織の抗争を描いたサスペンス「マルセイユ・コネクション」、アリエル・ホームズケイレブ・ランドリー・ジョーンズ共演でドラッグに溺れる若者の姿をリアルに切り取った「神様なんかくそくらえ」、ケビン・デ・ラ・クルス監督が浅野忠信とタッグを組んだ「壊れた心」をはじめ、イランのニマ・ジャウィディ監督作「メルボルン」、マレーシアのエドモンド・ヨウ監督作「破裂するドリアンの河の記憶」など若手による意欲作がノミネート。日本からは、吉田大八監督がメガホンをとり、宮沢りえが7年ぶりに映画主演を務めた「紙の月」が選出されている。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」がヒットを記録しているガン監督は、日本文化や映画が好きだそうで「絶対訪れたいと思っていたところに話をもらいました」と初来日に感激しきり。そして、「(映画は)自分が知らなかった世界に飛び込み、新しい何かを発見することができる」と持論を展開し、「私たちが求めているものは希望です。これから、どのような素晴らしい作品と出合えるのか。その作品がどれだけ自分の心を揺さぶり、何かメッセージをもらえるのか」と期待を込めた。

15作品と向き合うにあたり、ルケティック監督は「政治的、経済的、個人的な問題だろうと、人間が置かれている立場は非常にクライシス。崖っぷちに立たされている状況の中で、映画は大きな希望をもたらしてくれると思う。心が打たれる、希望を持てるというテーマが非常に大事ではないか」と熱弁。クー監督が「シンプルなフォームで心に直接語ってくれる、自分の感性に訴えてくれるものを探しています」と話すと、「監督はその世界に閉じこもってしまうが、素晴らしい作品をフィーリングで見たい。審査員、監督業とは違う立場で、個人として今まで見たことがない作品に心うたれたい」(イ監督)、「自分のイノセントな気持ちで映画を見ることができる。何か新しいことを教えてくれ、見たことがない旅行をさせてくれるかもしれない」(マクウィリアムズ)と語りかけた。

品川監督は、審査員のオファーを受け「『また文化人ぶりやがって』と仲間に言われるのでどうしようかと思ったけれど、メンバーを聞いてあまりに豪華で揶揄されてもやっておくべきだと思った」と吐露。「僕は1番キャリアが浅いので、お客さんに近い感覚だと思う。審査員だと言っているけれど、映画はお客さんのものだと思うので、なるべくお客さんの気持ちで見てから話し合って、フィーリングで決めていきたい」と意欲をのぞかせた。

審査員チームは好きな監督を問われると、各国の名匠とともに「黒澤明小津安二郎三池崇史」(ガン監督)、「黒澤明」(ルケティック監督)、「大島渚」(イ監督)、「塚本晋也」(クー監督)ら日本人監督からの影響を明かし「1時間じゃ終わらない、一晩中かかる」(ガン監督)と大盛り上がり。品川は、深作欣二監督とともに北野武監督の名を挙げる。「映画監督、芸人になりたいと思っていたころ、(北野)武さんが芸人から映画監督して成功していて、芸人になろうと思った。武さんがいなかったら芸人から監督っていうコースすらなかったので、すごく影響を受けている」と話した。

第27回東京国際映画祭は、六本木ヒルズをメイン会場として31日まで開催。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi