リチャード・リンクレーター監督の新作ヒロインにゾーイ・ドゥイッチ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月22日 > リチャード・リンクレーター監督の新作ヒロインにゾーイ・ドゥイッチ
メニュー

リチャード・リンクレーター監督の新作ヒロインにゾーイ・ドゥイッチ

2014年10月22日 16:20

19歳の女優ゾーイ・ドゥイッチ「バッド・チューニング」

19歳の女優ゾーイ・ドゥイッチ
Photo by Frazer Harrison/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リチャード・リンクレーター監督が、出世作「バッド・チューニング」(1993)の続編「That's What I'm Talking About」のヒロインに、19歳の女優ゾーイ・ドゥイッチを起用した。ドゥイッチは、映画監督ハワード・ドゥイッチと女優リー・トンプソンの娘で、今夏日本公開された「ヴァンパイア・アカデミー」などに出演している。

バッド・チューニング」は、76年の高校を舞台にした青春群像劇。マシュー・マコノヒーベン・アフレックミラ・ジョボビッチら、後にスターとなる若手俳優を多数輩出したことでも知られる。米JustJaredによれば、新キャラクターが登場するという続編「That's What I'm Talking About」は、前作の世界観を踏襲しつつ、80年代の野球部員たちの青春を描くようだ。ドゥイッチのほかに、タイラー・ホークリンライアン・グスマングレン・パウエルが出演する。

リンクレイター監督は、新作「6才のボクが、大人になるまで。」で第64回ベルリン国際映画祭監督賞(銀熊賞)を受賞した。同作は「ビフォア」シリーズの盟友イーサン・ホークらとともに12年という歳月をかけて完成させた力作で、オーディションで見出されたエラー・コルトレーンが主人公を、ホーク、パトリシア・アークエット、リンクレイター監督の実娘ローレライ・リンクレイターがその家族を演じ、批評家から絶賛評を集めている。日本公開は11月14日。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi