「ベイマックス」日本版エンディングソングは、AIの「Story」英語歌詞版 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月21日 > 「ベイマックス」日本版エンディングソングは、AIの「Story」英語歌詞版
メニュー

「ベイマックス」日本版エンディングソングは、AIの「Story」英語歌詞版

2014年10月21日 05:00

映画「ベイマックス」(写真上) 日本語版エンディングをAI(写真下)が歌う「ベイマックス」

映画「ベイマックス」(写真上)
日本語版エンディングをAI(写真下)が歌う
(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウォルト・ディズニー・アニメーション最新作「ベイマックス」の日本版エンディングソングに、歌手・AIの楽曲「Story」の英語歌詞版「Story (English Version)」が起用されることが決まった。

ベイマックス」は、事故で兄タダシを亡くした少年ヒロが、人々を癒すために開発されたケアロボットのベイマックスとともに兄の死の真相に迫り、絆や勇気の大切さを描いている。

日本版エンディングソングのもととなった「Story」は、AIが2005年にシングルとして発表した楽曲。その歌詞に込められた優しさが、「まるで傷ついたヒロと、ヒロの心とカラダを守るために寄り添うベイマックスのことかのようだ」と、米ディズニー担当者が日本語版エンディングソングとしての起用を打診。同楽曲には偶然にも未発表だった英語歌詞版が存在したことから、「Story (English Version)」が日本版のエンディングを飾ることとなった。

AIは、「『Story』は、大切な人を想う気持ちを描いた、私にとっても大事な曲。亡くなった兄タダシの分身のようなベイマックスが、たとえ自分が傷ついてもヒロを一途に守ろうとする姿が、まさに私が『Story』で伝えたかった“無償の愛”と重なります」と楽曲と映画で描かれるテーマの共通性についてコメント。「人は、誰かとつながっている。決して一人じゃない……という『Story』のメッセージを、映画『ベイマックス』に乗せて再び世の中に贈れることを幸せに思います」と話している。

「Story (English Version)」は、10月22日からiTunesおよびレコチョクにて配信限定シングルとしてリリース。25日から映画館で上映される「ベイマックス」最新予告編にも使用される。

ベイマックス」は12月20日全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi