ニコラス・スパークス原作「きみと選ぶ道」のキャストが続々と決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月20日 > ニコラス・スパークス原作「きみと選ぶ道」のキャストが続々と決定
メニュー

ニコラス・スパークス原作「きみと選ぶ道」のキャストが続々と決定

2014年10月20日 14:50

主演はベンジャミン・ウォーカー&テリーサ・パーマー「リンカーン 秘密の書」

主演はベンジャミン・ウォーカー&テリーサ・パーマー
写真提供:アマナイメージズ、
Photo by Chelsea Lauren/Getty Images for DIESEL
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気恋愛小説家ニコラス・スパークスの小説「きみと選ぶ道」を映画化する「The Choice(原題)」で、主演を務めるベンジャミン・ウォーカー(「リンカーン 秘密の書」)とテリーサ・パーマー(「ウォーム・ボディーズ」)に加え、新たに3人がキャスティングされた。

このほど出演が発表されたのは、「ヤング・スーパーマン」で主演を務めるトム・ウェリング、「パーシー・ジャクソン」シリーズの若手女優アレクサンドラ・ダダリオ、「96時間」シリーズのマギー・グレイス。なかでもウェリングは、三角関係の一角を担うキャラクターに起用された。

ノースカロライナの小さな海沿いの町で、隣人として出会ったトラビス(ウォーカー)とギャビー(パーマー)は、思いがけず恋愛関係に発展。人生の選択を迫られることによって、ふたりの愛が試されていくさまを描く。ウェリングがギャビーの恋人の医師ライアン、グレイスがトラビスの姉妹を演じるが、現時点でダダリオの役どころは明らかになっていない。

ヒット映画「きみに読む物語」「親愛なるきみへ」などの原作者として知られるスパークスが2007年に出版した小説で、邦訳は09年に刊行。映画では、「イン・ザ・ベッドルーム」「ロスト・イン・トランスレーション」の製作を担当したロス・ケイツがメガホンをとり、トム・ウィルキンソン、ウィルバー・フィッツジェラルド、シモーネ・グリフェスも出演する。

昨秋出版されたスパークスの「The Longest Ride(原題)」も映画化プロジェクトが進められており、クリント・イーストウッドの息子スコット・イーストウッドが主演し、ジョージ・ティルマン・Jr.監督(「ファースター 怒りの銃弾」)がメガホンをとることが決まっている。

きみに読む物語 スペシャル・プライス[DVD] きみに読む物語 スペシャル・プライス[DVD] 最安価格: ¥1,296 2005年“きみ読む”現象を巻き起こしたヒット感動作。愛する彼女のために一人の男の力によって病を克服する“奇跡の愛”の物語!
一枚のめぐり逢い[DVD] 一枚のめぐり逢い[DVD] 最安価格: ¥991 「きみに読む物語」の原作者が贈る珠玉のラブストーリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi