内田裕也、日本映画界の現状をチクリ 時代劇に意欲 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月18日 > 内田裕也、日本映画界の現状をチクリ 時代劇に意欲
メニュー

内田裕也、日本映画界の現状をチクリ 時代劇に意欲

2014年10月18日 12:58

京都国際映画祭に参加した内田裕也「コミック雑誌なんかいらない!」

京都国際映画祭に参加した内田裕也
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ロック歌手の内田裕也が10月17日、主演作「コミック雑誌なんかいらない!」が京都国際映画祭で特別上映されることを受け、イオンシネマ京都桂川で舞台挨拶に立った。前日に参加した祇園甲部歌舞練場でのオープニングセレモニーについて、「どっかの新聞で『裕也、舞妓を襲う』って見出しが出ていた。どこへ行っても俺を悪者にしやがって!」とボヤキながらも、「あれくらいインパクトがないとな! 面白いタイトルだったよ」と笑い飛ばした。

成人映画出身の滝田洋二郎監督が初めて手がけた一般映画で、内田は主演とともに高木功と共同で脚本を執筆している。内田扮する主人公の人気芸能レポーター・キナメリが、1985年に実際に起こった事件、事故、出来事を追いかけ、奮闘する姿を通して、大衆がワイドショーに踊らされていくことを皮肉った意欲作だ。

内田は、カンヌ映画祭監督週間に招待された当時に触れ、「スタートは不幸な作品だった。手ごたえがあったのに、どこも買ってくれなかった。落胆している時にカンヌから招待を受けてね」と話す。公式上映にも立ち会い、「クライマックスシーンまでお客さんは誰も帰らず、全員が立ち上がって『ブラボー』と言ってくれた。一生忘れられない光景。翌日から、29歳の新人監督が、カンヌのスターになったんだよ」と振り返った。

また、同日午前中に同映画祭で上映された品川ヒロシ監督作「ドロップ」の観客が8人だったことを話題にし、「俺は大好きな監督なんだけどな。しかし、市内からここまで遠いよ」と会場が分散化されていることに苦言。最近の日本映画界については、「悪いとは言わないけど、ほとんどの原作が漫画ばっかり。『蜩ノ記』とかは興味あるんだ。時代劇を一度やってみたいんだよなあ」と意欲をうかがわせた。

NIKKATSU COLLECTION 十階のモスキート デラックス版[DVD] NIKKATSU COLLECTION 十階のモスキート デラックス版[DVD] 最安価格: ¥1,963 内田裕也が、自ら企画、脚本、主演を手掛け、人生の階段をとことんまで堕ちていく警察官の狂気と悲哀を鮮烈に描き出した作品。
壬生義士伝[DVD] 壬生義士伝[DVD] 最安価格: ¥4,162 浅田次郎原作の「壬生義士伝」を映画化。世は幕末、武士でありながら一番大切な、大義名分・権力・名誉を捨て、故郷に残した愛する家族の為に見事なまで純粋に生きた男、新撰組隊士・吉村貫一郎の話。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi