イレーヌ・ジャコブ「ふたりのベロニカ」撮影時を述懐 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月17日 > イレーヌ・ジャコブ「ふたりのベロニカ」撮影時を述懐
メニュー

イレーヌ・ジャコブ「ふたりのベロニカ」撮影時を述懐

2014年10月17日 20:10

イレーヌ・ジャコブ「ふたりのベロニカ」

イレーヌ・ジャコブ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 京都国際映画祭でモスト・リスペクトin Paris賞を受賞した仏女優イレーヌ・ジャコブが10月17日、イオンシネマ京都桂川で主演作「ふたりのベロニカ」の公式上映に際し、舞台挨拶に立った。

「トリコロール」3部作で知られる、ポーランドの巨匠クシシュトフ・キエシロフスキー監督が1991年に製作した(日本公開は92年)今作は、第44回カンヌ映画祭コンペティション部門に選出。ジャコブは、主演女優賞に輝いている。当時を振り返り、「素晴らしい経験をしました。愛を込めた、素晴らしい反応を頂いたのです」と目を輝かせた。

映画は、同日同刻に生まれ、同じ名前と顔を持つ2人の女性が主人公。ポーランドとパリに住む2人のベロニカは、それぞれの人生を送りながらも互いの存在を感じていた……という設定だ。

ジャコブは、キエシロフスキー監督と初めて対面した時のことを「ある日の午後、撮影カメラマンやスタッフを引き連れてやって来て、役の説明をしてくれたんです。そして後日、3時間の面接を受けました」と述懐。そして、「監督から『あなたの出来ることはよく分かりました。出来ないこともよく分かりました』と言ってくれたんです」と思いを馳せていた。

京都国際映画祭は、19日まで。

ふたりのベロニカ[Blu-ray/ブルーレイ] ふたりのベロニカ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,926 ポーランドとフランスで同時代を生きる二人のベロニカ。一人はポーランドで、音楽の舞台に合格が決まり、初めての舞台で胸の痛み感じ、突然の死を迎えてしまう。もう一人はパリで子供たちに音楽を教える先生で、ある日、人形劇の人形使いのアレクサンドルに出会い恋をする…。
トリコロール コレクターズBOX[DVD] トリコロール コレクターズBOX[DVD] 最安価格: - フランス国旗の3つの色をモチーフに、クシシュトフ・キェシロフスキ監督が手掛けた「トリコロール」三部作のDVD-BOX。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi